October 29, 2018 / 9:22 PM / 21 days ago

UPDATE 1-NY外為市場=オフショア人民元下落、対中追加関税検討報道受け

 (表のレートを更新しました)
    [ニューヨーク 29日 ロイター] - 
        ドル/円 NY終値      112.36/112.39
                      始値             112.22
                      高値             112.55
                      安値             112.19
    ユーロ/ドル NY終値      1.1371/1.1375
                      始値             1.1394
                      高値             1.1416
                      安値             1.1368
 
    
    終盤のニューヨーク外為市場は、中国のオフショア人民元が一時、6.975
7元まで下落した。来月の米中首脳会談で貿易戦争を緩和できなければ、米国が12月初
めまでに残るすべての中国からの輸入品に関税を課すと公表する準備を進めていると、ブ
ルームバーグが伝え材料視された。
    ドルは対ユーロでやや上昇し、先週付けた10週ぶり高値付近で推移した。ドイツの
メルケル首相が、キリスト教民主同盟(CDU)党首再選を目指さないと伝わった。
    この日公表された米消費支出指標が堅調で、ドルは他の主要通貨に対し上げ幅を拡大
した。
    ケンブリッジ・グローバル・ペイメンツの首席市場ストラテジストは、メルケル氏の
動向について「ユーロの政治的な支援材料として明らかにプラスでない」と話した。国内
基盤がぜい弱なら、英国の欧州連合(EU)離脱やイタリアの財政危機に対応するEUを
主導する余力が限られる可能性を指摘する。
    ユーロは対ドルで0.14%安。同ストラテジストはユーロ安について深読み
しないよう注意を促した。「メルケル氏はなお(ドイツ)首相で、欧州理事会入りの可能
性もある」と語った。
    主要6通貨バスケットに対するドル指数は0.24%高の96.594。前週
末に付けた10週ぶり高値をわずかに下回った。ドルは対円で0.38%上昇し、
前週下落分の一部を取り戻した。
    モルガン・スタンレーのストラテジストらはメモで「ドルが下落するには安全資産と
しての魅力を失うか、米指標が控えめな内容となる必要がある」と話した。
    米商務省が発表した9月の個人消費支出(季節調整済み)は前月比0.4%増と、7
カ月連続で増加した。
    米連邦準備理事会(FRB)は12月、追加利上げに踏み切るとみられている。
    英ポンドはやや下落した。ハモンド財務相が、政府がEUと離脱条件などで合意でき
れば、長らく掲げてきた財政緊縮策を終了させる方針を示した。

    
 (表はロイターデータに基づいています)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below