April 1, 2019 / 7:21 PM / in 17 days

NY外為市場=ドル上昇、ISM統計改善 中国指標受け資源通貨も高い

    [ニューヨーク 1日 ロイター] - 
  ドル/円 NY午  111.37/111.40
             後3時  
              始値         110.94
              高値         111.44
              安値         110.83
  ユーロ/ドル N  1.1210/1.1214
         Y午後3時  
              始値         1.1230
              高値         1.1245
              安値         1.1204
 
    
    ニューヨーク外為市場では、ISM製造業統計が持ち直したことを
受けてドルが買われ、対ユーロで3週間ぶりの高値を付けた。またポン
ドも値上がりした。
    3月のISM製造業景気指数は55.3と、2016年11月以来
の低水準だった前月の54.2から上昇し、市場予想の54.5もわず
かに上回った。生産、新規受注、雇用など全てが上昇した。一方、2月
の小売売上高は前月比0.2%減と、市場予想の0.3%増に反してマ
イナスに転じた。1月の数字は当初発表の0.2%増から0.7%増へ
上方改定された。
    ドルは小売売上高を受けて一時的に値下がりしたものの、ISM統
計発表後に値を戻した。
    ウエルズファーゴ(ニューヨーク)の為替ストラテジスト、エリッ
ク・ネルソン氏は「小売売上高は全般的に悪材料だったが、1月分が上
方修正されたことはやや救いだった」と述べた。
    ユーロ圏の3月消費者物価指数(HICP)速報値は前年比1.4
%上昇と、前月(1.5%上昇)から鈍化。欧州中央銀行(ECB)が
注目するコアインフレ(エネルギー、未加工食品を除く)の伸びも前年
比1.0%と前月(1.2%)から鈍化した。
    また、中国の3月製造業購買担当者景気指数 (PMI)は50.
8と8カ月ぶりの水準に上昇し、拡大・縮小の分岐点となる50を4カ
月ぶりに上回った。統計を受け豪ドルなど資源通
貨が買われた。
    
    

    
 (表はリフィニティブデータに基づいています)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below