April 2, 2019 / 7:38 PM / 2 months ago

NY外為市場=英ポンド上昇、離脱期限の再延長要請へ

    [ニューヨーク 2日 ロイター] - 
      ドル/円 NY午後3時   111.38/111.39
                       始値          111.34
                       高値          111.42
                       安値          111.26
  ユーロ/ドル NY午後3時   1.1197/1.1198
                       始値          1.1198
                       高値          1.1215
                       安値          1.1184
 
    
    ニューヨーク外為市場では、英国のメイ首相が欧州連合(EU)に離脱交渉期限の延
長を要請することを明らかにしたことを受け、英ポンドが上昇した。
    メイ首相は議会の膠着状態脱却に向け野党・労働党のコービン党首と協議する意向も
表明。これを受け、英ポンドは一時0.4%上昇し、1.31ドル
台に乗せた。メイ首相の再延期表明前は1.30ドル台で推移していた。
    ユーロ/ドルは一時1.1215ドルまで上昇。ただその後は上げ幅を縮小し
た。
    朝方発表された米経済指標では、2月の耐久財受注統計で民間設備投資の先行指標と
されるコア資本財(非国防資本財から航空機を除く)の受注が前月比0.1%減と、市場
予想の横ばいを下回った。
    TD証券(トロント)の北米外為戦略部門責任者、マーク・マコーミック氏は「ドル
相場にとって米経済指標が堅調なのが望ましいのか、軟調なのが望ましいのか、悩ましく
なっている」と述べた。
    終盤の取引でユーロ/ドルは1.1194ドル。一時は1.1181ドルと、3月7
日以来の安値を付けた。
    ただ一部のテクニカル指標ではユーロの下落局面は終了しつつある可能性が示されて
おり、1.1185─1.1175ドルを下回らなければ、下値は支持されるとの見方も
出ている。
    豪ドルは0.69%安。オーストラリア政府はこの日、来年度(2019年7
月─2020年6月)予算案を発表。今年度・来年度・再来年度の経済成長予測を下方修
正したものの、景気後退のないプラス成長が30年目に突入するとの見通しを示した。[n
L3N21K27C]

    
 (表はリフィニティブデータに基づいています)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below