October 23, 2019 / 8:42 PM / in 23 days

NY外為市場=ポンド・ユーロが対ドルで上昇、EUが英離脱延期検討

    [ニューヨーク 23日 ロイター] - 
  ドル/円 NY午  108.67/108.70
             後4時  
              始値         108.46
              高値         108.70
              安値         108.43
  ユーロ/ドル N  1.1132/1.1135
         Y午後4時  
              始値         1.1107
              高値         1.1139
              安値         1.1107
 
    
    終盤のニューヨーク外為市場では、英ポンドとユーロがドルに対し
て安定的に推移した。欧州連合(EU)首脳は、英国のEU離脱を3カ
月延期する決定を先送りした。
    英議会下院は22日、EU離脱協定関連法案を3日間で高速審議す
るための議事進行動議を否決。これを受け、ジョンソン首相が目指す1
0月31日付での離脱はほぼ不可能になった。
    トゥスクEU大統領はこの日、離脱期限を来年1月末まで3カ月延
期する英政府の要請を受け入れるよう加盟国に提案した。外交筋らによ
ると、この日は延長する期間などを巡り決定に至ることは見込まれてお
らず、25日に再度会合を持つという。
    ジョンソン首相は、離脱が来年まで延期されれば、クリスマス前に
総選挙を実施すると明言している。
    前日は売られたポンドだが、この日は静かな値動き。対ドルでポン
ドは0.37%高の1.292ドル。ユーロは0.1%高
の1.114ドル。ポンドは対ユーロで0.28%高の86
.17ペンス。
    主要通貨に対するドル指数は0.09%安の97.436だ
った。
    スコシアバンクのチーフ市場ストラテジスト、ショーン・オズボー
ン氏は顧客ノートで、ポンドは前日の下落を受けて、この日の午後は安
定化が見られたとしつつも、離脱問題の見通しが晴れるまでポンドとユ
ーロの上値は限定されるだろうと指摘した。
    安全資産とされる通貨は英EU離脱を巡る不透明感で対ドルで上昇
。終盤の取引で円は0.18%高の1ドル=108.65円、ス
イスフランは0.990フランだった。
    

    
 (表はリフィニティブデータに基づいています)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below