November 19, 2019 / 9:22 PM / 16 days ago

NY外為市場=ドル小反発、米中通商協議の行方注視

    [ニューヨーク 19日 ロイター] - 
  ドル/円 NY午  108.54/108.57
             後4時  
              始値         108.69
              高値         108.77
              安値         108.46
  ユーロ/ドル N  1.1077/1.1078
         Y午後4時  
              始値         1.1076
              高値         1.1083
              安値         1.1073
    

    終盤のニューヨーク外為市場では、ドル指数が4営業日ぶりに小反発。ただ、米中通
商協議を巡る不透明感を背景に投資家の慎重姿勢が継続している。
    主要6通貨に対するドル指数は0.05%高。直近3営業日では0.6%下落
していた。
    テンパスのシニア外為トレーダー兼ストラテジスト、フアン・ペレス氏は「貿易を巡
る不確実性が全てだ」と述べた。
    米中通商協議を巡っては「第1段階」の合意に向けた期待が高まっていたものの、C
NBCが18日、中国政府が米国との通商合意を巡り悲観的なムードになっていると報道
。19日にはトランプ米大統領が、米政府が中国と通商問題で合意できなければ、対中関
税を一段と引き上げると述べた。
    投資家はあす発表の10月米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨にも注目して
いる。ペレス氏は「意見の相違が明らかになるだろう。今後利下げをすれば、リセッショ
ン(景気後退)の兆しが表れた場合に利下げ余地が非常に乏しくなるとの懸念がおそらく
示される」と述べた。
    ドルは円に対して0.12%安。
    豪中銀が公表した11月理事会の議事要旨で利下げが検討されていたことが示され、
豪ドルが一時値下がりしたが、その後は対ドルで0.28%高となった。
    ポンドは0.27%安。来月の英総選挙で与党・保守党が過半数を獲得すると
の見方が継続し、ポンドは対ドルで6カ月ぶりの高値に接近する場面もあった。

    
 (表はリフィニティブデータに基づいています)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below