July 27, 2020 / 8:39 PM / 13 days ago

NY外為市場=ユーロ/ドル約2年ぶり高値、コロナ懸念で FOMC巡る警戒感も

    [ニューヨーク 27日 ロイター] - 
 ドル/円 NY午後4    105.43/105.44
                  時  
                始値           105.26
                高値           105.47
                安値           105.13
  ユーロ/ドル NY    1.1745/1.1746
             午後4時  
                始値           1.1724
                高値           1.1781
                安値           1.1719
    
    ニューヨーク外為市場ではドルが対ユーロで約2年ぶり安値に沈ん
だ。米国内の新型コロナウイルス感染再拡大を巡る懸念や、週内の米連
邦公開市場委員会(FOMC)への警戒感がドル売りを誘った。
    終盤の取引で、ユーロ/ドルは0.79%高の1.1726
ドル。一時、2018年9月以来の高値となる1.1781ドルを付け
る場面もあった。
    ドル指数は0.72%安の93.68。一時、18年6月以
来の水準となる93.47まで下落した。 
    OANDAのシニア市場アナリスト、エドワード・モヤ氏は、米連
邦準備理事会(FRB)が長期的に一段の行動を取る用意があるとのシ
グナルを発し、米景気回復が欧州ほどスムーズに進まないという見通し
がドルを下押ししたと指摘。
    さらに、欧州でのコロナ感染状況がさらに改善すれば、ユーロが1
.20ドルまで上昇する可能性もあると予想した。
    ロイターの集計によると、フロリダ州は前日、新型コロナの累計感
染者数がニューヨーク州を抜き、カリフォルニア州に次ぐ全米2位とな
った。
    注目されている追加の新型コロナウイルス対策法案を巡っては、ト
ランプ政権と上院共和党が前日、基本合意に達した。ムニューシン財務
長官によると、詳細は27日に公表される見通し。
    米連邦準備理事会(FRB)は28─29日に開くFOMCで、ゼ
ロ金利を当面維持する方針を再表明すると予想されているが、長期債の
買い入れを拡大するか、イールドカーブ・コントロール措置を導入する
かなどが注目される。
    米中関係悪化への懸念から、安全資産とされる円は上昇した。ドル
/円は0.66%安の105.42円。一時105.13円と、
3月13日以来の安値を付けた。
    また、ドル安を追い風に英ポンドは約4カ月ぶり高値を更新した。

    
 (表はリフィニティブデータに基づいています)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below