for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY外為市場=ドル上昇、ISM製造業指数受け

 (文章の後に表を入れています。)
    [ニューヨーク 1日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では
、米ISM製造業景気指数の上昇を受け、ドル指数が上向いた。
    米供給管理協会(ISM)が発表した5月の製造業景気指数は61
.2と、前月の60.7から上昇した。経済再開に伴うペントアップデ
マンド(繰越需要)が追い風となった。ただ、ISMは企業やサプライ
ヤーが「高まる需要への対応で苦闘している」と指摘。原材料や労働力
不足が影響し、供給が追いついていない構図も顕著となった。[nL3N2NJ
3W3] 
    労働力や部品などの不足が指摘されたことで、ドルは当初は軟化。
BKアセットマネジメントのマネジング・ディレクター、キャシー・リ
エン氏は、製造業部門の供給問題による影響が経済全般に波及している
ことが示唆されたとし、「第2・四半期の初めに見られた勢いが減速し
始める可能性があることが示された」と述べた。
    主要6通貨に対するドル指数は0.35%高の89.822。ただ
5月28日に付けた高値の90.447からは大きく下げた水準にある
。
    UBSの外為・マクロストラテジスト、ワシーリー・セレブリアコ
フ氏は「第1・四半期は新型コロナウイルスワクチン接種の遅延が要因
で米国以外の国では景気回復が遅れていたが、今はユーロ圏と英国を中
心に遅れを取り戻している」とし、相場は全般的にドル安に傾いている
と指摘。カナダ、ノルウェー、ニュージーランドなどの一部G10諸国
の中央銀行がタカ派的なシグナルを発していることも、ドルに対する圧
力になっていると述べた。
    ユーロは0.05%高の1.2305ドル。 欧州連合(E
U)統計局が発表した5月のユーロ圏消費者物価指数速報値が前年比2
.0%上昇となり、「2%を下回るがこれに近い水準」とする欧州中央
銀行(ECB)の物価目標を超過したことが押し上げ要因となった。[n
L3N2NJ2TT]
    資源国通貨は原油価格の上昇を反映し、全般的に堅調。石油輸出国
機構(OPEC)にロシアなど非加盟産油国を加えた「OPECプラス
」は1日の閣僚級会合で、石油需要が回復する見通しやイランが増産す
る可能性などを考慮し、協調減産を7月まで段階的に縮小する方針を確
認した。 
    豪ドルは0.45%高。オーストラリア準備銀行
(RBA、中央銀行)は1日、市場の予想通り政策金利のオフィシャル
キャッシュレートを過去最低の0.10%に据え置いた。据え置きは6
会合連続。 
    中国人民元は安定的に推移。中国人民銀行(中央銀行)は5月31
日、5%としている金融機関の外貨準備率を6月15日から7%に引き
上げると発表した。
    暗号資産(仮想通貨)のビットコインは2.66%安の
3万6348.78ドル。イーサは1.21%安の2566
.90ドル。
 ドル/円 NY午後   109.47/109.48
                4時  
               始値          109.58
               高値          109.70
               安値          109.35
 ユーロ/ドル NY   1.2219/1.2220
            午後4時  
               始値          1.2221
               高値          1.2254
               安値          1.2216
 
    
 (表はリフィニティブデータに基づいています)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up