for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY外為市場=ドル2カ月ぶり高値、FRBのタカ派見通しで

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドル指数が上昇し2カ月ぶりの高値を付けた。米連邦準備理事会(FRB)が新型コロナウイルス禍後の最初の利上げ時期の見通しを2024年から23年に前倒したことを受けた。

終盤のニューヨーク外為市場では、ドル指数が上昇し2カ月ぶりの高値を付けた。米連邦準備理事会(FRB)が新型コロナウイルス禍後の最初の利上げ時期の見通しを2024年から23年に前倒したことを受けた。写真は2020年3月撮影(2021年 ロイター/Mike Segar)

FRBが16日発表した最新の金利・経済見通しでは、当局者18人中13人が23年までの利上げを予想し、うち11人は0.25%ポイントの利上げが2回行われると予想した。7人は22年中の利上げを予想し、より大胆な引き締めに動く可能性が浮上した。

これを受け、ドル指数は0.53%高の91.892と、4月中旬以来の高値を付けた。前日には約1%上昇し、2020年3月以降で最大の上げを記録していた。

マニュライフ・アセット・マネジメント(ボストン)のアソシエート・ポートフォリオマネジャー、チャック・トメス氏は「今回のFOMCではタカ派的な内容となり、ドル高につながるリスクがあった」と指摘。一方で、長期的にはドルはレンジから弱含みで推移するだろうとした。

ゴールドマン・サックスのアナリストは「ドルはバリュエーションが高く、世界的な景気回復の広がりにより、幅広い通貨に対して軟調に推移するとの見通しを堅持する」とした上で、「ただ、FRBのタカ派見通しとテーパリング(量的緩和の縮小)を巡る継続的な議論は短期的にドル売りの逆風となる」とし、ドルに対するユーロの買い推奨を撤回した。

リスク選好度の指標とされる豪ドルは0.72%安の0.75545米ドルと、4月1日以来の安値。

豪連邦統計局が17日発表した5月の雇用統計によると、就業者数は11万5200人増加し、予想の3万人を大幅に上回る増加だった。フルタイム就業者数も9万7500人の大幅増だった。

ドルは対ノルウェークローネで0.77%上昇。ノルウェー中央銀行は17日、政策金利を予想通り過去最低のゼロ%に据え置いた。その上で、新型コロナウイルスの流行から経済が想定通りに回復するのに伴い、9月に利上げする可能性が高いとした。

ポンドは対ドルで1.40ドルを下回り5週間ぶりの安値。

暗号資産(仮想通貨)のビットコインは横ばいの3万7769.48ドルだった。

ドル/円 NY終値 110.20/110.23

始値 110.68

高値 110.74

安値 110.18

ユーロ/ドル NY終値 1.1906/1.1910

始値 1.1930

高値 1.1950

安値 1.1893

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up