for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY外為市場=ドル横ばい、FRBのインフレ対応に注目

    [ニューヨーク 24日 ロイター] - ニューヨーク外為市場で
は、ドルが安定的に推移した。市場ではインフレが高止まりした場合に
米連邦準備理事会(FRB)は一段と積極的に対応するのか、探る動き
が出ている。
    主要6通貨に対するドル指数は91.790と、ほぼ横ばい
。ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)のマクロストラテジスト、エリッ
ク・ネルソン氏は「ドルはあと少し底固めした後は上向く」との見方を
示した。   
    FRBが先週の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げ時期の見
通しを2024年から23年に前倒してから、FRB当局者はインフレ
を巡る様々な見解を表明。この日はフィラデルフィア地区連銀のハーカ
ー総裁が、米経済が昨年の落ち込みから急速に回復する一方、労働市場
については一段の改善が必要という認識を示した。    
    このほか、セントルイス地区連銀のブラード総裁は、米景気回復が
今秋にも加速し、世界経済もこれに続くと予想される中、米国のインフ
レ率はFRB当局者の現時点での予想を超えて上昇する可能性があると
の見方を示したほか、ダラス地区連銀のカプラン総裁は、需給の不均衡
が予想以上に長期化する可能性があるため、今年3.4%、来年2.4
%のインフレ率予想には「上振れリスク」があると指摘。ニューヨーク
連銀のウィリアムズ総裁は、米経済は完全雇用にはなお程遠く、現在は
政策金利を変更する時ではないと強調した。

    この日発表の経済指標では、6月19日までの1週間の新規失業保
険申請件数(季節調整済み)が41万1000件と、前週の41万80
00件から改善。5月の耐久財受注統計は、民間設備投資の先行指標と
されるコア資本財(非国防資本財から航空機を除く)の受注が前月比0
.1%減と、市場予想の0.6%増に反して落ち込んだ。
 
    イングランド銀行(英中央銀行)はこの日まで開いた金融政策委員
会で、経済活動の再開に伴いインフレ率が3%を超えるとの見通しを示
したものの、中銀の目標水準を超える物価上昇は「一時的」とし、政策
金利と資産買い入れ枠を現行水準に維持することを決定。
    これを受け英ポンドは下落し、対ドルで0.26%安の1
.3929ドル。
    ユーロは対ドルで0.03%高の1.1932ドル。   
 
    ドルは対円で一時111.11円と、20年3月以来の高
値を付けた。その後は0.09%安の110.86円。
    
 ドル/円 NY午後   110.84/110.85
                4時  
               始値          110.80
               高値          110.91
               安値          110.70
 ユーロ/ドル NY   1.1931/1.1935
            午後4時  
               始値          1.1944
               高値          1.1956
               安値          1.1921
 
    
 (表はリフィニティブデータに基づいています)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up