January 25, 2018 / 9:23 PM / 6 months ago

NY外為市場=ドル下げから切り返す、トランプ氏の「強いドル望む」との発言で

    [ニューヨーク 25日 ロイター] - 
  ドル/円 NY午後4時       109.27/109.28
                   始値              109.01
                   高値              109.69
                   安値              108.51
 ユーロ/ドル NY午後       1.2404/1.2408
                    4時  
                   始値              1.2401
                   高値              1.2536
                   安値              1.2365
    
    終盤のニューヨーク外為市場で、ドルが下げから切り返した。トランプ米大統領が「
強いドルを望む」と発言したことが追い風となった。前日は、ムニューシン米財務長官に
よるドル安容認発言を受け、ドルは全面安の展開となっていた。
    終盤の取引で、主要6通貨に対するドル指数はほぼ変わらずの89.209。
一時、2014年12月以来の安値となる88.438をつけていた。
    トランプ米大統領が「ドルは強すぎる」と発言した昨年4月12日以来、ドル指数は
約12%値下がりしていた。
    クレディ・アグリコルの為替ストラテジスト、バシリ・セレブリアコフ氏は「米政府
のスタンスは総じて保護主義で、依然として米大統領や財務省がどのようなドルを望んで
いるのか定かではない」としたうえで、「輸出押し上げを目指していることを踏まえると
、強いドルを望んでいるようにはみられない」と語った。
    ユーロ/ドルは0.12%上昇。一時は約1%上昇し、2014年12月半ば
以来の高値となる1.2536ドルをつける場面もあった。
    ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁は、ユーロの上昇は「不確実性の源」となってお
り、米国発のドル安を巡る発言が金融情勢の変化につながる場合、ECBは戦略を見直す
必要があるとの見解を示した。
    ただ、ウェルズ・ファーゴの為替ストラテジスト、エリック・ビロリア氏は「為替相
場に関するコメントは総じて穏やかなものだった」と指摘。「最近のユーロ高に対し強硬
姿勢を示すようなコメントではなかった」と述べた。

    
 (表はロイターデータに基づいています)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below