April 2, 2018 / 7:27 PM / 6 months ago

NY外為市場=ドル下落、米中貿易摩擦を警戒

    [ニューヨーク 2日 ロイター] - 
 ドル/円 NY午後3    105.84/105.85
                  時  
                始値           106.29
                高値           106.44
                安値           105.67
  ユーロ/ドル NY    1.2299/1.2303
             午後3時  
                始値           1.2326
                高値           1.2344
                安値           1.2283
 
    ニューヨーク外為市場では、米中貿易摩擦に対する懸念の高まりを背景にドルが対円
で下落した。ただ欧州市場がイースターマンデーのために休場となっているため、商いは
薄かった。
    中国財務省は米国によるアルミニウム・鉄鋼輸入関税への対応として、豚肉やワイン
、一部の果物、ナッツ類など128の米国製品に最大25%の追加関税を導入すると表明
。追加関税は2日に発動した。
    アムンディ・パイオニア・アセットマネジメント(ボストン)の外為戦略部門責任者
、パレシュ・ウパジャヤ氏は、この日の動きについて「貿易を巡る懸念が引き起こした株
式市場に起因する売り」とし、「こうした懸念は世界的な経済成長に対する懸念につなが
り、ユーロのほか、カナダドル、豪ドル、ニュージーランド(NZ)ドルなど輸出依存度
の高い国の通貨に対するリスクプレミアムが出ている」と指摘。「円とスイスフランが真
の勝者となった」と述べた。    
    地政学リスクなどが高まっている時に安全資産として買われる傾向のある円とスイス
フランは上昇。ドル/円は0.6%安の105.68円となっている。    
    主要6通貨に対するドル指数は0.2%下落の90.007。
    ユーロ/ドルは0.1%安の1.2304ドル。米株価の急落を受け市場で全
般的に警戒感が高まっていることが重しとなっている。     
    市場では貿易を巡る情勢のほか、週内に発表される米経済指標にも注目。なかでも米
金利の道筋の手掛かりを得ようと、6日発表の3月の雇用統計に注目が集まっている。  

    
 (表はロイターデータに基づいています)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below