April 4, 2018 / 8:14 PM / 6 months ago

NY外為市場=ドルが対円で値戻す、中国報復関税めぐり冷静な見方も

    [ニューヨーク 4日 ロイター] - 
  ドル/円 NY午  106.78/106.82
             後4時  
              始値         106.13
              高値         106.82
              安値         106.13
  ユーロ/ドル N  1.2281/1.2285
         Y午後4時  
              始値         1.2283
              高値         1.2310
              安値         1.2272
 
    ニューヨーク外為市場では、ドルが円やスイスフランに対して値を戻す展開となった
。中国はこの日、米国への報復関税措置を発表したが、米中貿易摩擦の影響について、市
場では比較的冷静に受け止める声が聞かれた。
    ラフィキ・キャピタル(ニューヨーク)の調査戦略部長、スティーブン・イングラン
ダー氏は「まずドルの強気材料としてはおそらく経常赤字の縮小や連邦準備理事会(FR
B)の利上げが考えられる。またドルの弱気材料としては、関税が米経済の一部重要分野
に適用されることが挙げられる」と述べた。
    米中貿易摩擦を巡る不安が広がるなか、ドル/円は過去5営業日中、3営業日で値下
がりし、年初からの下げは5%を超えた。ドル/スイスフランは年初から1.4%下落し
ている。
    中国財政省は、大豆、自動車、化学製品、一部航空機、トウモロコシ製品など農産物
を含む米製品106品目に対し、25%の追加関税を課すと発表。対象品目の2017年
の輸入規模は500億ドルに相当するが、これは米通商代表部(USTR)が前日明らか
にした対中関税の対象輸入品目と同じ規模となる。発動日は米国の動向次第とした。
    経済指標では、3月のADP全米雇用報告で、民間部門雇用者数が24万1000人
増と、市場予想の20万5000人増を上回った。市場では「労働市場が依然、目立って
良好であることを示す」(キャピタルエコノミクスのポール・アシュワース氏)とみられ
ている。
    ドル/円は0.1%高の106.72円。ドル/スイスフランは0.2
%高の0.9606フラン。
    主要6通貨に対するドル指数は0.1%安の90.14。ユーロ/ドル
は小幅高の1.2280ドル。

    
 (表はロイターデータに基づいています)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below