June 21, 2018 / 8:47 PM / 3 months ago

NY外為市場=ドル、11カ月ぶり高値から下落 英ポンドは中銀会合受け上昇

    [ニューヨーク 21日 ロイター] - 
  ドル/円 NY午  109.99/110.00
             後4時  
              始値         110.53
              高値         110.59
              安値         109.85
  ユーロ/ドル N  1.1610/1.1613
         Y午後4時  
              始値         1.1537
              高値         1.1633
              安値         1.1530
 
    ニューヨーク外為市場ではドルが主要通貨に対して反落。利益確定売りで11カ月ぶ
り高値から下落した。英ポンドは、イングランド銀行(中銀)のチーフエコノミストが利
上げを支持したことで、7カ月ぶり安値水準から上昇した。
    米フィラデルフィア地区連銀がこの日発表した6月の連銀業況指数は19.9と、前
月の34.4から低下し、約1年半ぶりの低水準となった。これを受け米経済への懸念が
高まり、一部で利益確定の売りが出た。
    ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニア市場アナリスト、ジョ
ー・マニンボ氏は「フィラデルフィア地区連銀の業況指数が予想を下回り、利益を確定す
る良い口実となった」と語った。
    また、ナットウェスト・マーケッツのマクロストラテジスト、ブライアン・デンジャ
ーフィールド氏は「市場はこのところ企業活動に関するデータに非常に敏感だ。ドルが弱
含むケースが見られている」と述べた。
    主要6通貨に対するドル指数は一時95.529と、昨年7月以来の水準まで
上昇したが、その後は94.762に下げた。
    ユーロ/ドルは一時1.15ドル前後の支持線をトライした後、11カ月ぶり安値水
準に下落したが、足元では1.1618ドル。
    ユーロはこれまで、米欧中銀による金融政策の方向性の違いを受けて下落。この日は
、イタリア政府がユーロ懐疑派2人を議会上下両院の委員会トップに指名したことで、単
一通貨ユーロに対する新政権の姿勢に懸念が再燃した。
    ドル/円は0.4%安の110.93円。
    ポンドは約0.7%高の1.3257ドル。英中銀はこの日の金融政策委員
会(MPC)で政策金利維持を決めたが、チーフエコノミストのアンディ・ハルデーン委
員が予想外に利上げ支持に回った。
    
        

    
 (表はロイターデータに基づいています)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below