July 12, 2018 / 8:48 PM / 2 months ago

NY外為市場=ドル続伸、貿易戦争リスクや堅調なインフレ指標で

    [ニューヨーク 12日 ロイター] - 
  ドル/円 NY午  112.49/112.51
             後4時  
              始値         112.60
              高値         112.62
              安値         112.37
  ユーロ/ドル N  1.1673/1.1676
         Y午後4時  
              始値         1.1661
              高値         1.1695
              安値         1.1650
    
    終盤のニューヨーク外為市場で、ドルは対円で引き続き6カ月ぶり高値で推移。また
、対スイスフランでは2カ月ぶり高水準となっている。堅調なインフレ指標のほか、ドル
が貿易戦争の恩恵を受けるとの市場の見方が下支えした。
    円とスイスフランは安全資産の投資先として選好されるが、米中の貿易
摩擦が激化する中、過去1週間は対ドルで弱含んでいる。ドルが貿易を巡る相場変動にも
持ちこたえると投資家がみていることが示されている。
    テンパス・コンサルティングの外為トレーダー、フアン・ペレス氏は、これについて
「米ドルは安全資産としてより大きな役割を果たしている」と指摘した。
    ドルは対円で7日続伸し、前日には心理的節目となる112円を1月10日以来初め
て突破。この日は112.62円まで上げ、6カ月ぶり高値を新たに更新した。
    スイスフランは0.8%下落。1ドル=1フランを上抜け、一時1.003フランを
付けた。
    BMOキャピタル・マーケッツの為替戦略グローバル主任、グレッグ・アンダーソン
氏は、貿易戦争についてドルには好材料だろうと指摘。その理由として、「米国は貿易赤
字通貨を保有しており、赤字を減らす方法を見つけ、資金フローが同じならドルにはポジ
ティブになる」と説明した。
    ドルは主要通貨に対しても続伸。この日発表された6月の消費者物価指数(CPI)
は基調的な物価上昇圧力が安定的に増していることを示し、連邦準備理事会(FRB)は
段階的に利上げを進める方針とみられる。
    ユーロ/ドルは1.167ドル付近で推移した。
    

    
 (表はロイターデータに基づいています)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below