November 8, 2018 / 8:59 PM / 6 days ago

NY外為市場=ドル上昇、FOMC声明は利上げ継続姿勢を強調

    [ニューヨーク 8日 ロイター] - 
  ドル/円 NY午  113.98/114.01
             後3時  
              始値         113.67
              高値         114.00
              安値         113.61
  ユーロ/ドル N  1.1354/1.1358
         Y午後3時  
              始値         1.1411
              高値         1.1447
              安値         1.1352
    
    
    ニューヨーク外為市場ではドルが対ユーロで上昇。連邦準備理事会
(FRB)はこの日の連邦公開市場委員会(FOMC)で予想通り金利
を据え置くとともに、力強い雇用の伸びと個人消費で経済は軌道から外
れていないと表明し、緩やかな利上げを継続する姿勢を強調した。
    ドルは対ユーロで0.46%上昇。「ドルはFOMC声明の
発表にかけてすでに上昇していた。声明は予想通りの内容で、どれほど
のドル買い要因になるかは不明だ」(BKアセットマネジメント)。
    声明では「企業の設備投資の伸びは今年早い時期の急速なペースか
ら緩やかになった」との記述も見られた。市場は当初この部分に反応し
、ドルは対ユーロで値下がりする場面も見られたという。
    ドル/円は113.91円近辺。一時113.46円を付け
た。日米の金融政策の違いが材料視され、過去1週間ではドル高・円安
となっている。
    主要6通貨に対するドル指数はこの日0.6%高。FRBが
着実に利上げを進める中、ドル相場は今年値上がり傾向にある。
    欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は8日、イタリアの
経済成長が向こう2年間は同国政府の予想より緩慢になるとし、財政赤
字は政府予想より拡大するとともに、公的債務は縮小はせず横ばいで推
移するとの見方を示した。これを受けユーロは値下がりした。
    

    
 (表はロイターデータに基づいています)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below