May 29, 2019 / 8:55 PM / a month ago

NY外為市場=ドル上昇、米中貿易摩擦巡る懸念で

    [ニューヨーク 29日 ロイター] - 
  ドル/円 NY午  109.65/109.68
             後4時  
              始値         109.39
              高値         109.69
              安値         109.20
  ユーロ/ドル N  1.1130/1.1135
         Y午後4時  
              始値         1.1155
              高値         1.1158
              安値         1.1125
    
    
    ニューヨーク外為市場ではドルが上昇。米中貿易摩擦が早期に収束
する兆しが見られない中、投資家は安全資産に注目し、債券や金などの
投資妙味が高まった。ドルのほか、円やスイスフランなどにも買いが入
った。 
    中国の共産党機関紙・人民日報が論説記事で、貿易戦争を巡る米国
への対抗手段としてレアアース(希土類)を利用する用意があると表明
。
    これを受け、リスク回避の動きが強まり、指標となる米10年債利
回りは2017年9月以来の水準に低下。ニュージーラン
ド債利回りも過去最低水準に沈んだ。
    豪ドルやニュージーランドドルなどの資源国通貨のほ
か、南アランドやブラジルレアルなどの新興国通貨の売り
も膨らんだ。
    一方で、主要国通貨は主要な支持水準近辺でほぼ変わらずで推移し
たというアナリストの指摘も聞かれた。
    終盤の取引で、主要6通貨に対するドル指数は0.23%上
昇の98.173。前週付けた2年ぶり高水準の97.908を小幅下
回る水準にとどまった。
    ドル/円は109.65円、ドル/スイスフランは1
.0081フランと、ともにほぼ変わらず。
    ユーロは対円とスイスフランで小幅下落し、それぞれ122.07
5円、1.1227フランとなった。
    中国人民元は1ドル=6.9130元と、5カ月半ぶり
の安値を付けた。
    カナダドルは対米ドルで下落し、5カ月ぶり安値となる1
.3547カナダドルを付けた。カナダ銀行(中央銀行)が政策金利を
予想通り1.75%に据え置いたことを受けた動き。中銀は、経済減速
が一時的である兆候が多く見られ、第2・四半期には成長が加速すると
の見方を示しつつも、世界的な通商リスクが上昇している」と指摘した
。

    
 (表はリフィニティブデータに基づいています)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below