July 10, 2019 / 8:06 PM / 2 months ago

NY外為市場=ドル全面安、ハト派的なFRB議長の議会証言受け

    [ニューヨーク 10日 ロイター] - 
  ドル/円 NY午  108.42/108.45
             後4時  
              始値         108.91
              高値         108.95
              安値         108.36
  ユーロ/ドル N  1.1252/1.1256
         Y午後4時  
              始値         1.1216
              高値         1.1263
              安値         1.1213
 
    
    ニューヨーク外為市場ではドルが全面安。ハト派的なトーンとなっ
たパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言に反応した。
    パウエル議長は下院金融サービス委員会で行った半期に一度の証言
で、貿易摩擦を巡る懸念や世界経済減速への不安によって米経済見通し
を巡る不透明感が増しているとし、FRBは「必要に応じ行動する」と
言明。今月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利下げが実施され
るとの観測が強まった。
    パウエル議長の証言を受け、ドルは対円、ユーロでこの日の安値を
付けた。
    キャピタル・エコノミクスの首席米国エコノミスト、ポール・アッ
シュウォース氏は、米中通商協議の再開や6月の米雇用統計が底堅い内
容となったこと受けて「FRBが9月まで利下げを見送ると予想してい
た」ものの、「パウエル議長の証言は、今月末に利下げに動くことを示
唆した」と述べた。
    午後に入り公表された6月18─19日のFOMC議事要旨も、パ
ウエル議長の発言を支えた。多くのメンバーが、世界貿易などのリスク
が見通しの重しとなり続ければ、目先の利下げが正当化されるとの見方
を示していたことが明らかになった。
    アリアンツ・インベストメント・マネジメントのシニア投資ストラ
テジスト、チャーリー・リプレー氏は、近く利下げが実施されるとの観
測を支える内容だったと指摘。「一部金融当局者の間では『保険』とし
ての利下げは理解しがたい考えかもしれないが、市場は景気拡大継続に
利下げが必要というシグナルを発している」と述べた。
    終盤の取引で、主要6通貨に対するドル指数は0.4%安の
97.097。
    ドル/円は0.4%安の108.43円、ユーロ/ドルEUR
=は0.4%高の1.1252ドル。
    ドルは対スイスフランでも0.5%下落し、0.9892フ
ラン。

    
 (表はリフィニティブデータに基づいています)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below