July 17, 2019 / 8:06 PM / a month ago

NY外為市場=ドル全面安、米債利回り低下で

    [ニューヨーク 17日 ロイター] - 
  ドル/円 NY午  108.04/108.07
             後4時  
              始値         108.24
              高値         108.32
              安値         108.02
  ユーロ/ドル N  1.1224/1.1227
         Y午後4時  
              始値         1.1218
              高値         1.1233
              安値         1.1211
    
    
    ニューヨーク外為市場ではドルが全面安。米利下げ期待を背景とし
た米債利回りの低下に追随した。    
    TIAA銀ワールドマーケッツ部門のクリス・ガフニー社長は「市
場は利下げを織り込み、ドルを圧迫した」と述べた。
    CMEグループのフェドウォッチによると、金利先物市場では30
―31日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)で少なくとも0.25
ポイントの利下げが実施されるとの予想が完全に織り込まれた。
    国際通貨基金(IMF)がこの日、年次の「対外部門の安定性に関
する報告書」を公表し、ドルについて短期のファンダメンタルズに基づ
き6─12%過大評価されているとの見解を示したことも、ドルへの下
押し圧力となった。     
    また、トランプ大統領が月初に投稿した「米国が中国や欧州による
為替操作に対抗すべき」というツイートを巡る懸念もくすぶっていると
も指摘された。
    終盤の取引で、主要6通貨に対するドル指数は0.2%安の
97.204。一時、1週間ぶり高値を付ける場面もあった。
    ユーロ/ドルは0.1%高の1.1223ドル。欧州中
央銀行(ECB)による緩和期待などから、ユーロはオーバーナイト取
引では1週間ぶりの安値を付けていた。
    ドル/円は0.13%安の108.095円。
    英国の欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」が懸念される中、
ポンド/ドルはオーバーナイト取引で27カ月ぶり安値を付け
た。しかしその後は上げに転じ、1.2433ドル近辺を推移した。
    米連邦準備理事会(FRB)はこの日公表した地区連銀経済報告(
ベージュブック)で、米経済が過去数週間、引き続き「緩やか」に拡大
したと指摘。さらに、貿易摩擦による影響にかかわらず、全般的な見通
しは「おおむね明るい」との認識を示した。

    
 (表はリフィニティブデータに基づいています)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below