July 29, 2019 / 8:29 PM / 24 days ago

NY外為市場=ドル2カ月ぶり高値近辺、FOMC控え ポンド約2年ぶり安値

    [ニューヨーク 29日 ロイター] - 
  ドル/円 NY午  108.78/108.81
             後4時  
              始値         108.62
              高値         108.89
              安値         108.60
  ユーロ/ドル N  1.1147/1.1148
         Y午後4時  
              始値         1.1124
              高値         1.1150
              安値         1.1114
    

    ニューヨーク外為市場では、ドルが2カ月ぶり高値近辺を維持。今
週の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、金融危機後で初めての利
下げが実施されることが予想されている。
    ポンドは2年4カ月ぶり安値を更新。英国が合意がないまま欧州連
合(EU)から離脱するリスクが高まっている。
    終盤の取引で、主要6通貨に対するドル指数は0.02%高
の98.027と、前週末の予想を上回る第2・四半期米国内総生産(
GDP)速報値を受けた上げを維持した。一時2カ月ぶり高値を更新す
る場面もあったものの、FOMCを控えた警戒感が上値を抑えた。
    市場では、米連邦準備理事会(FRB)が30─31日のFOMC
で、25ベーシスポイント(bp)の利下げに踏み切るとの見方が大勢
。
    BNPパリバの北米為替戦略主任、ダニエル・キャッジブ氏は「F
RBの決定待ちで、静かな展開になった。ドルはおおむねしっかりで推
移したことから、市場はFRBが予想ほどハト派には出ないことを見込
んでいるようだ」と述べた。
    また、アクション・エコノミクスのアナリストは、欧州中央銀行(
ECB)が9月の利下げに向けた下地を整えていることが、ドルを下支
えている可能性があると指摘した。
    ユーロ/ドルは小幅上昇し、1.115ドル。
    ポンド/ドルは1%強下落し、2年4カ月ぶりの安値に沈ん
だ。合意なきEU離脱やジョンソン英新首相が総選挙を実施する可能性
を巡るリスクが高まっていることを反映した。
    

    
 (表はリフィニティブデータに基づいています)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below