August 13, 2019 / 8:25 PM / 8 days ago

NY外為市場=円下落、106円後半 対中追加関税の一部延期発表受け

    [ニューヨーク 13日 ロイター] - 
    ドル/円 NY午後4時   106.68/106.70
                     始値          105.20
                     高値          106.97
                     安値          105.13
  ユーロ/ドル NY午後4   1.1173/1.1174
                       時  
                     始値          1.1214
                     高値          1.1228
                     安値          1.1171
 
    
    終盤のニューヨーク外為市場では、ドルとオフショア人民元が上昇
した。トランプ政権が来月からの対中追加関税を一部延期すると発表し
たことを受けた。
    米通商代表部(USTR)は13日、9月1日に発動予定の中国製
品に対する10%の追加関税のうち、ノートパソコンや携帯電話など一
部製品への発動を延期すると発表した。
    ドルは対円で上昇。取引終盤のドル/円は1.28%高の1
06.65円。ドル指数は0.45%高の97.815。オフシ
ョア人民元は1.25%高の1ドル=7.0125元。
    ドイツ銀行のチーフ国際ストラテジスト、アラン・ラスキン氏は、
米国の対中追加関税の延期発表を受け、金やクロス円、オフショア人民
元などで大幅なポジション圧縮が行われたと指摘。「貿易摩擦の解決と
いうより、双方が高関税の中で『新常態』を受け入れることは依然とし
て可能」と述べた。
    投資家のリスク選好度が回復する中、安全資産である米国債は値下
がりした。
    CMEグループのフェドウオッチによると、年内の2─3回の利下
げは市場に織り込まれているが、年内に2回利下げされる確率は前日の
45.7%から49.3%に上昇する一方、年内3回の利下げ確率は3
6.1%から32.8%に低下した。
    米労働省が13日発表した7月の消費者物価指数(CPI)が前月
比0.3%上昇したこともドル高を支援した。
    金融市場は9月の米利下げを完全に織り込んでいる。9月の米連邦
公開市場委員会(FOMC)で25ベーシスポイント(bp)の利下げ
が実施される確率は前日の84.6%から95.0%に上昇する一方、
50bpの利下げ確率は低下した。

    
 (表はリフィニティブデータに基づいています)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below