December 18, 2019 / 9:24 PM / a month ago

NY外為市場=ドル小幅高、米債利回りの上昇に追随

    [ニューヨーク 18日 ロイター] -    
 ドル/円 NY午後   109.55/109.58
                4時  
               始値          109.51
               高値          109.62
               安値          109.50
 ユーロ/ドル NY   1.1117/1.1121
            午後4時  
               始値          1.1126
               高値          1.1134
               安値          1.1111
    
    ニューヨーク外為市場ではドルが小幅高。米債利回りの上昇に追随
した。今週に入り発表された堅調な米指標も引き続き材料視された。
    主要6通貨に対するドル指数は0.18%高の97.400
。
    アクション・エコノミクスのグローバル為替分析マネジング・ディ
レクター、ロナルド・シンプソン氏は、ドル指数が一時1週間ぶり高値
となる97.47を付ける場面もあったものの、全般的には「静かな取
引だった」と指摘。相場を動かす指標の発表もなく、「米債利回りの上
昇がドルを支援した」と述べた。
    米債券市場では指標10年最利回りが3.3ベーシス
ポイント(bp)上昇した。    
    ドルは対ユーロで0.3%高の1.112ドル。対ポンドで
も上昇し、1.308ドルをつけた。
    17日に発表された11月の米鉱工業生産指数は製造業部門が1.
1%上昇し、市場予想の0.7%上昇を上回った。米自動車大手ゼネラ
ル・モーターズ(GM)のストライキが終わり、自動車生産が増えた。

    CMEグループのフェドウォッチによると、市場に織り込まれた1
月の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利下げ確率は2.2%、3
月会合は4.3%、4月会合は11%。金利が来年末まで現行水準にと
どまるとの見方は52.9%だった。
    ブラウン・ブラザーズ・ハリマンのアナリストは「他国が苦闘する
中で米経済は引き続き堅調に推移するというのが要点だ」とした。
    米下院本会議ではこの日、トランプ大統領弾劾訴追決議案の審議が
始まったが、相場は反応薄だった。
    香港ドルが買われ、対米ドルで5カ月ぶり高値を更新。中国
本土投資家による投資拡大に加え、抗議活動が落ち着きを見せているこ
と、ドルロング巻き戻しの動きなどが背景。

    
 (表はリフィニティブデータに基づいています)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below