January 8, 2020 / 8:54 PM / 12 days ago

NY外為市場=円やスイスフラン軟調、イラン巡るトランプ氏発言で安心感

    [ニューヨーク 8日 ロイター] - 
 ドル/円 NY午後   109.22/109.25
                3時  
               始値          108.71
               高値          109.24
               安値          108.63
 ユーロ/ドル NY   1.1109/1.1113
            午後3時  
               始値          1.1125
               高値          1.1131
               安値          1.1109
 
    
    終盤のニューヨーク外為市場では、円やスイスフランが引き続き売られた。イランは
精鋭部隊の司令官殺害への報復として米軍の拠点をミサイル攻撃したが、トランプ米大統
領はイランが当初の強硬姿勢を緩めつつあるようだと指摘、当面これ以上の軍事攻撃はな
い可能性を示唆した。
    トランプ大統領は8日、イランの報復攻撃で米国人の死傷者は出なかったと明らかに
した。また必ずしも軍事力を行使する必要はないと述べ、危機打開に向けた姿勢をにじま
せた。
    スコシアバンク(トロント)の主任FXストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は
「市場は当初、事態の悪化を懸念していたため、トランプ大統領の発言は市場に大きな安
心感をもたらした。もちろんこれで全てが解決したとは思わないが、米イランが直接衝突
するリスクは低下したと考える」と述べた。
    円は対ドルで0.8%安の109.18円。約1週間ぶりの低水準
を付けた。スイスフランも対ドルで0.3%安の0.9737フラン。一方、AD
P全米雇用報告の底堅い内容が支えとなり、主要6通貨に対するドル指数は0.3
%高の97.30。ユーロ/ドルは0.4%安の1.1108ドル。
    昨年12月のADP全米雇用報告は、民間部門雇用者数が20万2000人増となり
、増加数は昨年4月以来8カ月ぶりの高水準となった。ロイターがまとめたエコノミスト
予想は16万人増だった。10日には12月の雇用統計が発表される。
    
    

    
 (表はリフィニティブデータに基づいています)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below