January 30, 2020 / 9:18 PM / 23 days ago

NY外為市場=米GDP統計受けドル下落、円・スイスフランは安全買い継続

    [ニューヨーク 30日 ロイター] -    
 ドル/円 NY午後   108.89/108.92
                4時  
               始値          108.88
               高値          109.00
               安値          108.60
 ユーロ/ドル NY   1.1030/1.1034
            午後4時  
               始値          1.1022
               高値          1.1038
               安値          1.1016
    
    ニューヨーク外為市場では、米経済成長率が2019年は3年ぶりの低水準になった
ことを受け、新型肺炎の感染拡大を背景にこれまで安全通貨として買われてきたドルが下
落した。
    新型肺炎を巡っては世界保健機関(WHO)がこの日、国際的な公衆衛生上の緊急事
態を宣言。市場で新型肺炎に関する懸念は払拭されておらず、安全資産とさ
れる円は0.21%、スイスフランは0.36%上昇した。ただドルは国内
総生産(GDP)統計が思わしくなかったことを受け、安全通貨としての魅力が薄れた。
    主要6通貨に対するドル指数はリスク資産から安全資産に資金が流入する中、
過去2週間で0.65%上昇したが、この日の終盤の取引で0.14%安の97.858
となった。    
    米商務省発表の19年の実質国内総生産(GDP)速報値(季節調整済み)は前年比
2.3%増と、16年以来3年ぶりの弱い伸びとなった。2.9%増だった18年に続き
、トランプ政権の成長率目標である3%を2年連続で下回った。
    連邦準備理事会(FRB)は前日までの2日間の日程で開いた連邦公開市場委員会(
FOMC)でフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を1.50─1.75%に据え
置くことを全会一致で決定。 BNPパリバの北米外為戦略部門責任者、ダ
ニエル・カジブ氏は「FRBが昨日に発したメッセージは、インフレ率の上振れを容認す
る姿勢と矛盾するものではなかった」と述べた。 
    FRBが7月までFF金利の誘導目標を1.50─1.75%にとどめる確率は37
.2%と、前日の44.3%から低下している。
    オフショア人民元は1ドル=7元を下回り、1カ月ぶりの安値を更新。終盤の
取引では0.31%安の6.990元となっている。

    
 (表はリフィニティブデータに基づいています)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below