February 6, 2020 / 9:45 PM / 15 days ago

NY外為市場=ドルが4カ月ぶり高値、円・スイスフラン4日続落

    [ニューヨーク 6日 ロイター] - 
  ドル/円 NY午  109.99/110.00
             後4時  
              始値         109.91
              高値         109.99
              安値         109.83
  ユーロ/ドル N  1.0977/1.0981
         Y午後4時  
              始値         1.1000
              高値         1.1004
              安値         1.0965
   
    終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対ユーロで4カ月ぶり、対円で2週間ぶり
高値に上昇した。堅調な米経済指標に加え、中国で発生した新型コロナウイルスの懸念が
後退したことが背景。
    安全資産とされる円やスイスフランは対ドルで4日続落。新型ウイルス封じ込めに向
けた中国政府の取り組みを受け、リスク許容度が高まった。
    BKアセット・マネジメントのマネジングディレクター、キャシー・リエン氏は、米
指標のそのほとんどが悪い内容ではないとした上で、「新型ウイルスは終息していきそう
で、時間の問題だ。経済に対するウイルスの悪影響が指標で明らかになるまで、市場は引
き続き企業決算に注視するだろう」と述べた。
    新華社によると、中国の習近平国家主席は、サウジアラビアのサルマン国王と電話会
談を行い、感染が拡大している新型コロナウイルスへの対応で、予防と封じ込めに向けた
対策でこれまでのところ良好な結果が得られていると指摘。これも市場の楽観論につなが
った。
    午後の取引でドルは対円で0.1%高の109.99円。対スイスフランCHF
=では0.2%高の0.9756フラン。
    一方、ユーロは下落し、終盤は0.2%安の1.0978ドル。ドイツの昨年
12月の鉱工業受注指数が予想に反して前月比2.1%低下し、昨年2月以来の大幅な落
ち込みとなった。    
    ドル指数は98.572と、昨年10月中旬以来の水準を付けた。終盤の取引
では0.2%高の98.524。この日発表された新規失業保険申請件数や労働生産性の
米経済指標が好調だったことも支援した。   
    一方、オフショア人民元は対ドルで横ばいの6.9786元だった。

    
 (表はリフィニティブデータに基づいています)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below