for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY外為市場=ドル小幅安、FRB議長講演控え様子見

    [ニューヨーク 26日 ロイター] - 
 ドル/円 NY午  105.97/106.0
            後4時             0
             始値        106.25
             高値        106.45
             安値        105.97
 ユーロ/ドル N  1.1826/1.183
        Y午後4時             0
             始値        1.1811
             高値        1.1838
             安値        1.1773
    
    ニューヨーク外為市場ではドルが小幅安。パウエル米連邦準備理事
会(FRB)議長の講演を27日に控え、様子見ムードが広がった。  
  
    パウエル議長はカンザスシティー地区連銀開催の年次経済シンポジ
ウムで、FRBによる金融政策の枠組み見直しについて講演する。FR
Bによる平均インフレ率目標の導入を示唆するかが注目される。平均イ
ンフレ率目標の導入は、利上げに先立ち2%目標を上回るインフレ上昇
を容認することを意味し、ドルへのさらなる圧迫要因となる。
    オンライン証券XMのシニア投資アナリスト、ラフィ・ボヤジャン
氏は「平均物価目標が導入された場合、ドルが短期的に大きく戻す可能
性はほぼなくなる」と指摘。またCIBCキャピタル・マーケッツ(ト
ロント)の北米FX戦略部長、バイパン・レイ氏は、パウエル議長がそ
うした変更に言及しない可能性もあり、その場合はドルショートの巻き
戻しが起こるだろうと述べた。
    ドルは通貨バスケットに対し0.05%安の92.95。7
月の米耐久財受注の伸びが予想を上回ったことを受け、一時93.37
まで上昇した。
    ユーロ/ドルは0.11%安の1.1820ドル。
    オフショア人民元は7カ月ぶり高値の6.879
元に向かって上昇。米中通商協議の進展が引き続き材料になった。
    

    
 (表はリフィニティブデータに基づいています)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up