for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドル上昇、FRBが予想通りインフレ目標修正=NY市場

[ニューヨーク 27日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場でドルは上昇。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は27日、予想されていた通り、雇用と物価の押し上げに向けた新たな戦略を発表した。

終盤のニューヨーク外為市場でドルは上昇。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は27日、予想されていた通り、雇用と物価の押し上げに向けた新たな戦略を発表した。キエフで6月撮影(2020年 ロイター/VALENTYN OGIRENKO)

それによると、FRBはインフレ率が「一時的に」2%を上回ることを容認し、長期的に平均2%の目標達成を目指すほか、最大雇用の確保を図る。

バノックバーン・グローバル・フォレックスのチーフ市場ストラテジスト、マーク・チャンドラー氏は、ほぼ市場の予想通りだったと指摘。ただ、「FRBは2012年からインフレ目標を達成しておらず、真剣になったと言われても、それでインフレやインフレ期待が生まれるとは思えない」と述べた。

ドル指数=USDはFRB発表後にまず下落の反応を示したが、その後反発。0.2%高の93.00まで上昇した。

ユーロEUR=は0.07%安の1.1821ドル。

FRBが長期的に物価圧力を強める一方、金利をゼロ付近に長く維持することができれば、ドルにはネガティブ要因になる。

OANDAのシニア市場アナリスト、エドワード・モヤ氏は、「他の主要中銀全てが刺激策の解除を始め、引き締めの兆候が示される際、FRBの動きは遅れることになる。金利格差はドルにとって有利でなく、ドルへの長期的に弱気な見通しとなる」と述べた。

米労働省が発表した22日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は100万6000件と、前週の110万4000件から減少したが、新型コロナウイルス感染拡大が収束しない中、米労働市場の回復が足踏み状態にあることが示された。

英ポンドGBP=は一時8カ月ぶり高値の1.3283ドルまで上昇し、その後は1.3202ドル。

ドル/円 NY終値 106.55/106.58

始値 106.07

高値 106.70

安値 105.62

ユーロ/ドル NY終値 1.1821/1.1823

始値 1.1805

高値 1.1900

安値 1.1763

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up