for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州外為市場=ユーロ下落、ECB理事会に注目

    [ロンドン 7日 ロイター] - 
 <為替>                   欧州終盤   アジア市場終  コード
                                                 盤  
 ユーロ/ドル              1.1817         1.1836        
 ドル/円                     106.29         106.18           
                                                     
 ユーロ/円                   125.62         125.71           
                                                     
 
    
    欧州外為市場では、米国市場が休場のため薄商いの中、ユーロが下
落。市場では10日の欧州中央銀行(ECB)理事会に注目が集まる。
    ユーロ/ドルは0.1%安の1.1822ドル。ドルは通貨
バスケットに対し0.1%高の92.024。
    ユーロはこのところ2年4カ月ぶりの高値に急上昇。対ドルでは5
月半ば以降で約10%上昇し、先物市場ではユーロの上昇を見込む取引
が記録的な件数に達した。ECBが注視するユーロの実効レートEUREE
R=ECBFは約5%上昇した。
    ソシエテ・ジェネラルのFXストラテジスト、キット・ジャックス
氏は、ユーロのロング(買い持ち)ポジションは拡大していないが、な
お膨らんでいるほか、金利差はもはやユーロの支援材料になっていない
と指摘。「『欧州は米国よりも良好』といった主張には新味がなく、ユ
ーロ/ドルは当面、レンジ相場が続く」と述べた。
    ECBのレーン専務理事兼主任エコノミストは、ユーロ相場が金融
政策にとって「重要だ」と強調。英フィナンシャル・タイムズ紙はEC
B筋がユーロ高を懸念していると報じた。
    市場はECBが今週の理事会でユーロ相場に言及するかに注目する
。
    ドル/円は106.26円と変わらず。オフショア人民元C
NH=も6.8343元と横ばい。中国税関総署が発表した8
月の貿易統計(ドル建て)によると、輸出は前年比9.5%増と、3カ
月連続で増加し、伸び率は2019年3月以来の大きさだった。一方、
輸入は2.1%減少した。    

    
 (表はリフィニティブデータに基づいています)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up