for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドル安定的、欧米のコロナ感染第2波で慎重姿勢堅持=NY市場

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが安定的に推移した。欧米での新型コロナウイルス感染第2波を受けた投資家の慎重姿勢がコロナワクチンを巡る期待を上回った。

ニューヨーク時間のドル指数USD=は0.01%高。アジア時間で安値を付けた後、ロンドン時間ではやや値を戻していた。

米労働省が12日に発表した11月7日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は、70万9000件と前週から4万8000件減少し、3月以来の水準に改善した。ただ、ドルへの影響は限られた。

この日は米欧英中銀のパネルディスカッションが開催されたが、新たな手掛かりは乏しかった。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長と欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は、コロナワクチンの臨床試験(治験)で良好な結果が出たことを歓迎しながらも、経済の先行きは不透明なままだと強調した。

バノックバーン・グローバル・フォレックスのチーフ市場ストラテジスト、マーク・チャンドラー氏は「きょうの資本市場は神経質ながらも落ち着きが見られる」と指摘。価格が新たな方向性を示しているわけではないが、新型コロナを巡る見通しや中銀の今後の金利政策、米大統領選の行方などが懸念されていると述べた。

安全通貨である円JPY=D3は対ドルで105.125円に上昇。コロナワクチンを巡るニュースを受け、今週は約2%下落している。

ユーロEUR=EBSは0.2%高の1.1803ドル。

アジア時間に対米ドルで1年8カ月ぶりの高値を付けたニュージーランドドルNZD=D3はその後売られ、終盤は0.5%安。

カナダドルCAD=D3は対米ドルで0.6%安の1.3140カナダドル。カナダドルはコロナワクチンを巡るニュースを受け、9日に一時1.2928カナダドルまで上昇していた。

ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズのエリック・ネルソン氏は、カナダ経済は比較的安定しており、コロナワクチンへの期待を背景とする原油高の恩恵も受けるため、カナダドルは今後数カ月間、堅調に推移するだろうとした。

ポンド/ドルGBP=D3は0.8%安の1.3113ドル。欧州連合(EU)と英国との通商協議を巡る懸念が重しとなった。

ドル/円 NY終値 105.12/105.15

始値 105.33

高値 105.38

安値 105.08

ユーロ/ドル NY終値 1.1804/1.1808

始値 1.1809

高値 1.1817

安値 1.1788

表はリフィニティブデータに基づいています

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up