for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドル上昇、FOMC受けた下げ取り戻す 米債利回り上昇で=NY市場

[ニューヨーク 18日 ロイター] - ニューヨーク外為市場ではドルが幅広い通貨に対し上昇。米債利回りの上昇を追い風に、前日の下落分を取り戻した。米連邦準備理事会(FRB)が17日までに開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、2023年末まで利上げはないとの見通しを示したことで、ドルは下落していた。

ニューヨーク外為市場ではドルが幅広い通貨に対し上昇(2021年 ロイター/Rick Wilking)

ドル指数は0.53%高の91.853。一時0.56%下落し、2週間ぶり安値となる91.30を付ける場面もあった。

FRBは17日、インフレ率が今年中に2.4%と、目標の2%を上回ると予想。ただ、パウエルFRB議長はFOMC後の会見で、インフレ率の上昇は一時的で、政策金利の見通しに影響を与えないと強調した。

ケンブリッジ・グローバル・ペイメンツのチーフ市場ストラテジスト、カール・シャモッタ氏は「パウエル議長の見通しが誤っていることがいずれ証明されると市場は見込んでいる」とし、これによって金利差がドルに有利な方向に傾き、金利に敏感な通貨を圧迫しているとの見方を示した。

米10年債利回りは1.754%に上昇し、連日で13カ月ぶり高水準を更新した。

米労働省が発表した3月13日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は77万件と、前週の72万5000件から予想に反して悪化した。しかし、米債利回りやドルは反応薄だった。

ドル/円は0.13%高の108.98円。日経新聞は、日銀が今回の金融政策決定会合で長期金利の変動許容幅を現 在のプラスマイナス0.2%程度から、同0.25%程度に拡大する方向だと報じた。

ポンド/ドルは0.3%安の1.3930ドル。英中央銀行(イングランド銀行)は18日、国内経済には新型コロナウィルスによる落ち込みから回復の兆しがあるが先行きは不透明と強調、早期に金融引き締めに動くとの憶測を否定した。

暗号資産(仮想通貨)のビットコインは一時6万ドル台に乗せる場面もあったものの、その後は1.21%安の5万8188.21ドル。

デルタ・エクスチェンジのパンカイ・バラニ最高経営責任者(CEO)は「一部利食い売りが出たが、短期的な調整にすぎない」とし、ビットコインは中・長期的に引き続き堅調との見通しを示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up