for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドル下落、来週のFOMCに注目=NY市場

[ニューヨーク 23日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、米国債利回りの頭が重かったことで、ドルが主要通貨に対し下落した。市場では来週の連邦公開市場委員会(FOMC)が注目されている。

4月23日、ニューヨーク外為市場では、米国債利回りの頭が重かったことで、ドルが主要通貨に対し下落した。市場では来週の連邦公開市場委員会(FOMC)が注目されている。写真は2009年11月撮影(2011年 ロイター/Rick Wilking)

主要6通貨に対するドル指数は0.5%安の90.8080と、3月初旬以来の低水準を付けた。

ユーロは0.7%高の1.2098ドルと、週初からの高値を更新した。ユーロの上昇の半分以上は、経済ニュースが市場で消化された後の取引終盤でのもの。バノックバーン・グローバル・フォレックス(ニューヨーク)のチーフ市場ストラテジスト、マーク・チャンドラー氏は「金曜日の終盤の取引でユーロが今週の高値を付けたことで、来週はユーロ相場が勢いづく可能性がある」と述べた。

IHSマークイットの4月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は53.7で市場予想に反して前月(53.2)から上昇した。

IHSマークイットの米国の4月の製造業PMI速報値は60.6と、統計を開始した2007年5月以来の高水準を付けた。

ドルは第1・四半期に3.6%上昇した後、4月に入ってから約2.6%下落。バノックバーンのチャンドラー氏は「極めて力強かった第1・四半期の巻き戻しがなお継続している」としている。

欧州中央銀行(ECB)は22日に開いた理事会で、大規模な量的緩和の維持を決定し、ラガルド総裁はパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の段階的な縮小について「時期尚早」との見解を示した。

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長も27─28日のFOMC後の記者会見で同様の見解を示すと予想されている。

スコシアバンクのチーフ外為ストラテジスト、シャウン・オズボーン氏は「来週は経済指標の発表が相次ぐ中、FOMCが一つの目玉となる」と指摘。パウエル議長の発言で米国債利回りに下向き圧力がかかれば、ドル上昇が限定される。

暗号資産(仮想通貨)はバイデン米大統領のキャピタルゲイン増税計画が明らかになったことを受け急落していたが、その後、下げ幅を縮小。ビットコインは一時5%下落し、3月初旬以来初めて5万ドルを割り込んだが、その後は1.5%の安の5万0932ドル。イーサは約2%安。

ドル/円 NY終値 107.91/107.94

始値 107.85

高値 108.14

安値 107.49

ユーロ/ドル NY終値 1.2099/1.2101

始値 1.2055

高値 1.2099

安値 1.2047

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up