for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY外為市場=ドル3週間ぶり高値、FRB年内に緩和縮小着手との観測

    [ニューヨーク 17日 ロイター] - ニューヨーク外為市場で
は、ドルが3週間ぶり高値を付けた。前日発表の8月の小売売上高が予
想外に増加したことで、連邦準備理事会(FRB)は年内にテーパリン
グ(量的緩和の縮小)に着手するとの観測が裏付けられたことが背景。
    ただ来週に米連邦公開市場委員会(FOMC)のほか、日銀の金融
政策決定会合とイングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会を控え
る中、商いは低調だった。 
    主要6通貨に対するドル指数は一時93.220まで上昇し
、8月第3週以来の高値を更新。終盤の取引では0.4%高の93.2
07。週間上昇率は0.6%と、8月中旬以降で最大となった。    
    FRBは21─22日に開く連邦公開市場委員会(FOMC)で、
テーパリングについて討議するとみられる。キャピタル・エコノミクス
の市場エコノミスト、ジョナサン・ピーターソン氏は「今回のFOMC
でテーパリング計画が発表されるとは予想していないが、新たな経済予
測からFRBの反応が推し量れる可能性がある」と指摘。「われわれは
米国のインフレ率はFRBとの市場の現時点での予想よりも長く高止ま
りするとみている。これにより、米国債利回りの上昇とドル高が支援さ
れる」と述べた。
    この日発表の米経済指標では、ミシガン大学の9月の消費者信頼感
指数(速報値)が71.0となり、2011年12月以来の低水準だっ
た8月の70.3から小幅に上昇した。市場予想は72.0。インフレ
率が高止まりする中で、消費者が引き続き景気の先行きに厳しい見方を
していることが示された。
    終盤の取引でユーロは0.3%安の1.1729ドル。
一時は1.1724ドルと、3週間ぶり安値を付けた。    
    ドルは対円で0.2%高の109.92円。対スイスフランCHF=E
BSでは0.5%高の0.9320フラン。一時は0.9324フラン
と、5カ月ぶり高値を付けた。
    ドルは中国人民元に対しても上昇。経営難に陥っている中国の不動
産開発大手、中国恒大集団を巡る懸念が重しになり、オフショア人民元
は対ドルで一時2週間ぶりの安値を付けた。
    
  ドル/円 NY終  109.96/109.99
                値  
              始値         109.98
              高値         110.07
              安値         109.88
  ユーロ/ドル N  1.1725/1.1729
            Y終値  
              始値         1.1781
              高値         1.1788
              安値         1.1725
 
    
 (表はリフィニティブデータに基づいています)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up