for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY外為市場=ユーロ下落、ECB総裁発言受け ドルは上昇

[ワシントン 28日 ロイター] - ニューヨーク外為市場ではユーロが下落。欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は28日、ECBが検討している債券買い入れプログラムについて発言したものの、金融政策見通しについて新たな手がかりを示さなかった。

ニューヨーク外為市場ではユーロが下落。欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は28日、ECBが検討している債券買い入れプログラムについて発言したものの、金融政策見通しについて新たな手がかりを示さなかった。写真は2016年11月撮影(2022年 ロイター/Dado Ruvic)

ラガルド総裁はECBが段階的に行動するとしつつも、中期的なインフレが悪化した場合、特にインフレ期待が不安定化する兆候がある場合は、断固として行動する選択肢もあると述べた。

ユーロはラガルド総裁の発言を受け、1.06ドルを下回る水準で推移。終盤の取引では0.6%安の1.052ドル。

TDセキュリティーズのシニアFXストラテジスト、メーゼン・イッサ氏は、ロシアのウクライナ侵攻やユーロ圏の分断化リスクに言及し、「米連邦準備理事会(FRB)に比べ、ECBには固有の限界がある」とし、「ECBは厳しい状況に置かれている」と述べた。

主要6通貨に対するドル指数は0.51%高の104.49。

ステートストリートのシニアグローバルマクロストラテジスト、マービン・ロー氏は「不確実性の強い時期にドルは上昇する。少なくとも夏の間、インフレ動向の状況が一段と明確になるまで、不確実な状況は続く見通しだ」と述べた。

ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は28日、政策金利が年末までに「間違いなく」3─3.5%の水準に上昇する必要があるという認識を示した。同時に、米国が景気後退(リセッション)に陥ることは想定していないとも述べた。

オフショア中国人民元は上昇。中国国家衛生健康委員会が新型コロナウイルスの流行に伴い海外からの入国者に義務付けている隔離期間を短縮すると発表したことが材料視された。

暗号資産(仮想通貨)のビットコインは2.96%安の2万0278.95ドル。今月に入り1万7588.88ドルまで下落していた。

イーサも3.52%安の1159.35ドル。

ドル/円 NY終値 136.12/136.16

始値 136.15

高値 136.38

安値 135.92

ユーロ/ドル NY終値 1.0518/1.0521

始値 1.0576

高値 1.0587

安値 1.0504

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up