December 6, 2018 / 10:00 PM / 6 days ago

ドル下落、米債利回り低下で リスク回避で円・スイスフラン上昇=NY市場

[ニューヨーク 6日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、米債利回りの低下に伴い、ドルが主要通貨に対し下落。経済指標が弱含み、市場のボラティリティーが高まる中、米利上げペースが鈍化するとの観測が強まっている。

 12月6日、ニューヨーク外為市場では、米債利回りの低下に伴い、ドルが主要通貨に対し下落。経済指標が弱含み、市場のボラティリティーが高まる中、米利上げペースが鈍化するとの観測が強まっている。2017年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

ユーロ/ドルEUR=は0.26%高の1.1373ドル。

ドルは円とスイスフランCHF=に対しても下落。中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)逮捕のニュースを受け、米中貿易摩擦を巡る懸念が強まったことで安全資産とされる両通貨に買いが入った。

ドル/円JPY=は0.4%安。

一方、リスク選好度の低下に伴い、資源国通貨は対ドルで下落。オーストラリアドルAUD=は0.47%、ニュージーランドドルNZD=は0.32%それぞれ下落した。

スコシアバンクの首席為替ストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は「米債利回り低下と利上げ観測後退がドル下落の背景」と指摘した。

米債市場ではこの日、10年債利回りが3カ月ぶりの水準に沈んだ。

こうした中、米連邦準備理事会(FRB)が18─19日の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げを実施するとの見方がなお大勢。

ただ、来年の利上げ回数を巡る市場の観測は後退しており、CMEのフェドウォッチのデータによると、2回以上の利上げの可能性は織り込まれていない。1カ月前には2回の利上げがあるとの見方が織り込まれていた。

米短期債イールドカーブ逆転を受け、リセッション(景気後退)の可能性を巡る懸念が台頭する中、ドルは圧迫されている。

米ダラス地区連銀のカプラン総裁はこの日、CNBCに対し、世界経済が減速すれば、米国も影響を免れないとの認識を示した。

朝方発表された10月の米貿易統計は、赤字が10年ぶりの水準に拡大。大豆輸出が減り続けた一方で、消費財の輸入が過去最高額に達し、トランプ政権による赤字縮小に向けた関税措置が奏功していない可能性を示唆した。

ドルが全面安となっていることで、ポンドは対ドルで0.38%高。ただ、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)合意案を巡る英議会での採決を来週11日に控え、上値は限られた。

カナダドルは対ドルで下落し、約1年半ぶりの安値を更新。カナダ中銀のポロズ総裁が、経済が予想ほどの勢いに乗っておらず、原油安が成長を押し下げるとの見通しを示したことが材料視された。

ドル/円 NY終値 112.66/112.69

始値 112.78

高値 112.83

安値 112.24

ユーロ/ドル NY終値 1.1374/1.1377

始値 1.1337

高値 1.1412

安値 1.1337

*内容を追加しました。

表はリフィニティブデータに基づいています

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below