Reuters logo
ドル108円前半、欧米中の指標受け2週間ぶり円安水準
2014年10月23日 / 21:38 / 3年後

ドル108円前半、欧米中の指標受け2週間ぶり円安水準

[ニューヨーク 23日 ロイター] - 23日のニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨に対して上昇した。米経済指標が底堅く、ユーロ圏と中国の購買担当者景気指数(PMI)も改善する中、リスク選好相場となった。

 10月23日、ニューヨーク外為市場は、ドルが主要通貨に対して上昇した。写真は都内のトレーディングルーム。昨年12月撮影(2014年 ロイター/Issei Kato)

ドル/円JPY=は10月8日以来の高値となる108.35円を付けた後、終盤は0.94%高の108.16円。

ユーロ/ドルEUR=は欧州時間に2週間ぶりの安値に沈んだが、ユーロ圏PMIの改善を背景に持ち直し、終盤は横ばい水準の1.2650ドルで取引されている。

ドルの主要通貨に対するドル指数.DXYは、終盤0.10%高の85.83。

ドル/円    終値   108.25/27

始値   107.67/70

前営業日終値   107.15/17

ユーロ/ドル  終値   1.2646/48

始値   1.2668/71

前営業日終値   1.2646/48

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below