Reuters logo
NY市場サマリー(24日)
2017年3月24日 / 22:21 / 8ヶ月後

NY市場サマリー(24日)

[24日 ロイター] - <為替> 米医療保険制度改革(オバマケア)の代替法案撤回を受け、ドルが底堅く推移した。対円で4カ月ぶり安値近辺から値を戻し、8営業日続いた下落が止まる勢いだ。

リスク回避ムードが金融市場に広がる中、ドル/円JPY=は週間で約1.3%下落した。この日は0.31%高の111.27円で推移した。

主要6通貨に対するドル指数.DXYは0.02%安の99.739。取引時間中には一時、7週間ぶりの安値(99.527)をつける場面もあった。

ユーロは対ドルEUR=で0.19%高の1.0800ドルと、22日につけた7週間ぶり高値(1.0825ドル)近辺。ユーロ圏の成長・インフレ加速に伴い、欧州中央銀行(ECB)が金融政策の引き締めに向かうとの見方がユーロを下支えした。

英国の欧州連合(EU)離脱に向けた正式手続き開始を来週に控え、ポンドはドルGBP=とユーロEURGBP=に対し、前営業日につけた1カ月ぶりの高値から下落した。

NY外為市場:[USD/J]

<債券> 国債価格が上昇。この日午後に予定されていた米医療保険制度改革(オバマケア)代替法案の下院採決をにらみ、安全資産とされる債券への投資妙味が高まっていたが、取引終盤にかけ、トランプ大統領がを撤回するよう共和党指導部に指示したことを受け、指標10年債利回りはこの日の低水準から押し戻された。

終盤の取引で10年債US10YT=RR利回りは2.414%。採決が取り止めになると報じられる前は2.394%近辺を推移していた。

この日は、米連邦準備理事会(FRB)高官の発言が相次いだ。CIBCの債券取引主任トム・トゥッチ氏は「FRBの発言に耳を傾ける市場参加者はさほど多くないと考える。バランスシートをめぐりノイズが高まっており、時間とともに相場に影響が及ぶと考える」と語った。

米金融・債券市場:[US/BJ]

<株式>  米国株式市場は、取引終盤になりトランプ政権が最優先に掲げる医療保険制度改革(オバマケア)代替法案の撤回が伝わり、小幅安で終了した。

ウェルズ・ファーゴ・アセット・マネジメントのシニアポートフォリオマネジャー、マーガレット・パテル氏は、「医療保健問題がこうした形でクリアされたことで、規制改革や減税などそれほど複雑ではなく実行可能な案件に着手できると市場では楽観的な見方が出ている」と指摘。一部アナリストの間では同法案が撤回されたことで、今後、特に税制改革などの推進に弾みがつくとの見方も出ている。

病院経営株が急伸。テネット・ヘルスケア(THC.N)は7.4%高で終了した。好調な決算を発表した半導体大手マイクロン・テクノロジー(MU.O)も7.4%高で取引を終えた

米国株式市場:[.NJP]

<金先物> 米医療保険制度改革(オバマケア)代替法案の採決待ちで様子見気分が広がる中、 小反発した。中心限月4月物の清算値は前日比1.30ドル(0.10%)高の1オンス =1248.50ドル。週間では1.49%高となった。

NY貴金属:[GOL/XJ]

<米原油先物> 最近の下落傾向を受けて安値拾いの買いなどが入り、5営業日ぶりに反発した。 米国産標準油種WTIの中心限月5月物の清算値は前日比0.27ドル(0.57%)高 の1バレル=47.97ドル。週間ベースでは1.7%安だった。5月物は0.25ドル 高の48.51ドルとなった。

NYMEXエネルギー:[CR/USJ]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below