May 3, 2019 / 9:40 PM / 2 months ago

NY市場サマリー(3日)

[3日 ロイター] - <為替> 4月の米雇用統計で雇用者数は予想を上回って増加したものの、賃金の伸び悩みが確認されたことでドルが主要通貨に対して下落した。

労働省が朝方発表した4月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が26万3000人増と予想の18万5000人を上回って増加したほか、失業率は3.6%と、1969年12月以来約49年ぶりの水準に改善した。一方、時間当たり賃金は前月比0.2%増、前年比3.2%増と伸びが抑制されたほか、平均週間労働時間は前月の34.5時間から34.4時間に縮小した。

アナリストは時間当たり賃金の伸びが前月比0.2%にとどまったこと、また労働参加率が低下したことで一部ドル売りが見られたと指摘。クレディ・アグリコル(ニューヨーク)の外為ストラテジスト、エリック・ビロリア氏は「こうした軟調な結果は、すでに膨れ上がっているドル買い待ちを一段と積み上げる理由にはならなかった」と述べた。

米供給管理協会(ISM)の4月の非製造業総合指数(NMI)が前月比0.6 ポイント低下の55.5と17年8月以来の低水準を付けたことも、ドルの売り圧力となった。

終盤の取引で主要6通貨に対するドル指数.DXYは0.32%安の97.521。週初からの下落率は約0.5%となる。

ユーロ/ドルEUR=は一時1.1135ドルと、1週間ぶりの安値を付けたものの、その後は上向き、0.21%高の1.11955ドル。ドル/円は0.38%安の111.09円。週間ではユーロは対ドルで0.4%上昇、ドルは対円で0.4%下落した。

この日は連邦準備理事会(FRB)当局者の発言が相次ぎ、シカゴ地区連銀のエバンズ総裁とセントルイス地区連銀のブラード総裁がFRBが年末までに利下げに動く可能性を示唆。エバンズ総裁は米経済が軟調になればFRBは利下げを実施する必要があるとの考えを示したほか、ブラード総裁は第2・四半期以降もインフレが低調に推移すれば、FRBはインフレ押し上げと信認回復に向け利下げに踏み切る必要が出てくる可能性があるとの認識を示した。

CMEフェドウオッチによると、金利先物市場では12月に利下げが決定される確率が約47%であることが織り込まれている。前日は50%だった。

来週はオーストラリア準備銀行(中央銀行)が7日に、ニュージーランド準備銀行(中央銀行)が8日に政策決定会合を開く。アナリストはインフレが低迷する中、ともに利下げを決定する可能性があるとの見方を示している。

NY外為市場:[USD/J]

<債券> 国債利回りが低下した。4月の雇用統計で雇用者数は順調に伸びたものの、賃金の伸び悩みが確認されたことなどが背景。

労働省が朝方発表した4月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が26万3000人増と、予想の18万5000人を上回って増加した。失業率は3.6%と、1969年12月以来約49年ぶりの水準に改善した。

ただ、トレーダーの間ではエコノミスト予想を上回るペースでの雇用増が見込まれていたため、国債利回りは低下。シーポート・グローバル・ホールディングス(ニューヨーク)のマネジングディレクター、トム・ディガロマ氏は「雇用統計が力強いものになるとの観測から、過去数日間にわたり国債を売る動きが出ていた」と指摘。「結果的にそれほど大きな上振れにはならなかったため、買いは戻るとみている」と述べた。

雇用統計では、時間当たり賃金の伸びは前月比0.2%増、前年比3.2%増と抑制されていたほか、平均週間労働時間は前月の34.5時間から34.4時間に小幅縮小。BMOキャピタルマーケッツ(ニューヨーク)の米金利戦略部門責任者、イアン・リンゲン氏は時間当たり賃金は「思わしくなかった」とし、「連邦準備理事会(FRB)がインフレ動向に注目していることを踏まえると、雇用統計を受けた国債市場の動きは想定内だった」と述べた。

10年債US10YT=RR利回りは2.534%と、前日終盤の2.552%から低下した。

この他の米経済指標では、米供給管理協会(ISM)の4月の非製造業総合指数(NMI)が前月比0.6 ポイント低下の55.5と、17年8月以来の低水準を付けた。

連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は1日、連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で、今年に入ってからのインフレ低下は一時的な要因によるものである可能性があるとの認識を示したほか、経済成長と雇用の伸びはFRBの予想よりも力強かったとの見方を表明。タカ派的な見方が示されたことを受け、国債利回りは上向いていた。

CMEフェドウオッチによると、金利先物市場が織り込む12月までに利下げが実施される確率はパウエル議長の発言を受け46%と、FOMC声明発表前の64%から低下している。

インフレ動向を見極めるため、市場では10日発表の消費者物価指数(CPI)に注目が集まっている。

米金融・債券市場:[US/BJ]

<株式> 上昇。ダウ平均株価は200ドル近く値上がりしたほか、ハイテク株の多いナスダック総合指数も1.6%上げ、終値で最高値を更新した。米雇用統計を受け、経済や金利の先行きに前向きな見方が広がった。

4月の雇用統計は、非農業部門の雇用者数が26万3000人増と市場予想の18万5000人増を大幅に上回る伸びとなった。また失業率は3.6%と、1969年12月以来約49年ぶりの水準にまで改善した。同時に賃金は緩やかな伸びにとどまった。

雇用統計は米連邦準備理事会(FRB)が忍耐強い姿勢を継続する根拠となる見通しで、株式相場の下支えにつながると期待される。

ハリス・フィナンシャル・グループ(バージニア州)のマネジング・パートナー、ジェイミー・コックス氏は「雇用の伸びは強まる一方なのに、インフレはますます弱まっている。これは非常に不可解な現象だが、基本的にFRBが金利を据え置くサインと読み取れる」と指摘。企業収益にも追い風となると述べた。

ネット通販大手アマゾン・ドットコム(AMZN.O)は3.2%高。 米著名投資家のウォーレン・バフェット氏は2日、CNBCのインタビューで、自身が率いる投資会社バークシャー・ハサウェイ(BRKa.N)がアマゾンの株式を初めて取得したことを明らかにした。

これまでにS&P500企業のうち400社近くが決算発表を終え、リフィニティブによると4分の3で収益が予想を上回った。足元、企業収益は全体で約1%増加すると予想され、4月初め時点の2%減から見通しが改善している。

文房具・日用品メーカー、ニューウェル・ブランズ(NWL.O)の第1・四半期決算は予想を上回った。米玩具大手トイザラス破綻の影響はなくなったとし、株価は13.5%急騰した。

ニューヨーク証券取引所では、値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を3.77対1の割合で上回った。ナスダックは3.85対1の割合で値上がり銘柄数が多かった。

出来高は64億7000万株、過去20営業日平均は66億2000万株。

米国株式市場:[.NJP]

<金先物> ドルが対ユーロで下落したことに伴う割安感から買われ、3日ぶりに反発した。中心限月6月物の清算値は前日比9.30ドル(0.73%)高の1オンス=1281.30ドルとなった。

米労働省が朝方に発表した4月の雇用統計は、景気動向を示す非農業部門の就業者数が季節調整済みで前月比26万3000人増と、市場予想(ロイター通信調べ)の18万5000人増を大幅に上回り、失業率も49年4カ月ぶりの低水準となった。しかし、物価上昇の先行指数として注目される平均時給は予想に届かなかった。また、米サプライ管理協会(ISM)がその後発表した4月の米非製造業景況指数(NMI)は55.5と、前月の56.1から低下、市場予想(ロイター通信調べ)の57.0も下回った。

このため、外国為替市場ではドル安・ユーロ高が進行。ドル建てで取引される金は割安感から買われ、相場は朝方から上昇した。また、金相場は前日に清算値ベースで約4カ月ぶりの安値を付けていた反動から、この日は安値拾いの買いも入りやすかったもようだ。金塊現物相場は午後1時45分現在、8.460ドル高の1279.650ドル。

NY貴金属:[GOL/XJ]

<米原油先物> 堅調な米雇用統計などを背景に買いが優勢になり、小反発した。米国産標準油種WTIの中心限月6月物の清算値は前日比0.13ドル(0.21%)高の1バレル=61.94ドルだった。7月物は0.14ドル高の62.04ドルとなった。 米労働省が朝方に発表した4月の雇用統計は、失業率が3.6%と前月から0.2ポイ ント低下し、1969年12月(3.5%)以来49年4カ月ぶりの低水準となった。非 農業部門の就業者数は季節調整済みで前月から26万3000人増と、3カ月ぶりに好調 の目安とされる20万人を上回り、市場予想も上回った。

これを受けて、米景気の先行き懸念が後退し、エネルギー需要の見通しにも期待が広がったことから、原油が買われた。また、雇用統計では物価上昇の先行指標として注目される平均時給が予想に届かなかったため、外国為替市場ではドル安・ユーロ高が進行。ドル建てで取引される原油などの商品に割安感が生じたことも相場を押し上げる要因となった。

このほか、米政府が2日、昨年11月に再発動したイラン産原油禁輸の制裁に関して、日本など8カ国・地域に認めた適用除外措置を打ち切ったことなども支援材料となった。ただ、米国内の原油生産量が過去最高に達し、戦略備蓄(SPR)を除いた在庫も約1年7カ月ぶりの高水準となる中、米国内の供給過剰懸念も根強く、相場の上値は抑えられた。

米石油サービス会社ベーカー・ヒューズがこの日公表した5月3日までの1週間の国内石油掘削リグ稼働数は、前週比2基増の807基となったが、相場の反応は限定的だった。

NYMEXエネルギー:[CR/USJ]

ドル/円 NY終値 111.09/111.12 JPY21H=

始値 111.47 JPY=

高値 111.68

安値 111.07

ユーロ/ドル NY終値 1.1200/1.1204 EUR21H=

始値 1.1152 EUR=

高値 1.1206

安値 1.1136

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 101*17.50 2.9217% US30YT=RR

前営業日終値 101*04.00 2.9430%

10年債(指標銘柄) 17時05分 100*26.00 2.5305% US10YT=RR

前営業日終値 100*20.00 2.5520%

5年債(指標銘柄) 17時05分 99*20.50 2.3268% US5YT=RR

前営業日終値 99*16.75 2.3520%

2年債(指標銘柄) 17時00分 99*26.75 2.3350% US2YT=RR

前営業日終値 99*26.00 2.3470%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 26504.95 +197.16 +0.75 .DJI

前営業日終値 26307.79

ナスダック総合 8164.00 +127.22 +1.58 .IXIC

前営業日終値 8036.77

S&P総合500種 2945.64 +28.12 +0.96 .SPX

前営業日終値 2917.52

COMEX金 6月限 1281.3 +9.3 GCv1<0#GC:>

前営業日終値 1272.0

COMEX銀 7月限 1497.8 +36.1 SIv1<0#SI:>

前営業日終値 1461.7

北海ブレント 7月限 70.85 +0.10 LCOc1<0#LCO:>

前営業日終値 70.75

米WTI先物 6月限 61.94 +0.13 CLc1<0#CL:>

前営業日終値 61.81

CRB商品指数 181.7720 ‐0.1301 .TRCCRB

前営業日終値 181.9021

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below