for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY市場サマリー(19日)ドル全面安、10年債利回り低下 株式続落

[19日 ロイター] - <為替> ドルが全面安となり2週間ぶりの安値を付けた。ドル高で年初から売られていた主要通貨の大半に買いが入った。

世界中の金融市場でボラティリティーが上昇する中、ドルは日本円とスイスフランに対して急落。スコシア銀行のチーフ為替ストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は「投資家はおそらくドルだけで満足せず、リスク分散を図ろうとしている。特に米債利回りの上昇に伴うドルへの幅広い買いに限界が来ているようだ」と述べた。

ドル指数は1.0%安の102.79と5月5日以来の安値。1日の下落率が1%を超えたのは今回を含め過去5年間で6回のみ。

ドルは対円で3週間ぶり、対スイスフランで2週間ぶりの安値を付けた。

ユーロは対ドルで1週間超ぶりの高値。欧州中央銀行(ECB)による短期かつ積極的な引き締め路線の可能性を織り込んだ。

ポンドは対ドルで1.2%高。ただ、インフレ高進と不透明な成長見通しが上値を抑え、先週付けた2年ぶりの安値に近い水準にとどまった。

暗号資産(仮想通貨)のビットコインは4.7%高の3万0039.31ドル。

<債券> 指標10年債利回りが低下し、3週間ぶりの水準に沈んだ。一連の米指標が低調な内容となったことで、米連邦準備理事会(FRB)が積極的な金融引き締めを続ける中、成長鈍化懸念が強まった。

10年債利回りは一時、4月終盤以来の低水準となる2.772%を付けた後、終盤の取引では3.3ベーシスポイント(bp)低下の2.851%。

30年債利回りも一時1週間ぶりの低水準となる2.975%を付けた後、1bp弱低下の3.065%で推移した。

2年債利回りは5.5bp低下し2.603%。

19日発表された一連の米指標は軒並み軟調な内容となった。週間の新規失業保険申請件数は21万8000件と、予想外に増加し、4カ月ぶりの高水準に達した。一方、継続受給件数は1969年12月以来の低水準となった。

5月のフィラデルフィア連銀業況指数は2.6と、2020年5月以来2年ぶりの低水準となった。

4月の中古住宅販売戸数は3カ月連続で減少し、20年6月以来の低水準となった。住宅在庫不足が続く中、販売価格は過去最高に達した。

米カンザスシティー地区連銀のジョージ総裁はFRBの利上げ幅について、現時点では50bpが適切との考えを示し、それを上回る利上げ幅については「非常に異なる状況を確認する必要がある」とした。

米フェデラル・ファンド(FF)金利先物市場が織り込む、年末の金利水準は2.77%。年内の利上げ幅は計約193bpとみられている。

財務省が実施した140億ドルの10年物インフレ連動債(TIPS)入札はさえない結果に終わった。最高落札利回りは0.232%と、入札前取引(WI)の水準を下回った。需要の目安となる応札倍率は2.24倍と、18年7月以来の低水準となった。

既発10年物TIPS利回りは6bp上昇の0.208%で推移した。

<株式> 不安定な取引の中、続落して終了した。市場ではインフレと利上げに対する懸念が払拭されていない。

ネットワーク機器大手のシスコシステムズのほか、半導体大手ブロードコムやアップルなどが売られ、S&P総合500種の重しになった。

シスコは13.7%急落。前日発表した第3・四半期(2─4月)決算は中国のロックダウン(都市封鎖)やウクライナ情勢の影響を受けて売上高が予想を下回り、2022年度の利益見通しを引き下げた。

アップルは2.5%、ブロードコムは4.3%、それぞれ下落した。

ツイッターは1.2%高。同社幹部が従業員に対し、イーロン・マスク氏による買収は予想取り進んでおり、買収価格の再交渉は行わないと伝えたとの報道を好感した。

小売企業が物価上昇による消費者の購買力低下に直面する中、S&P主要消費財指数は2%下落し、12月以来の低水準となった。

この日は百貨店のコールズが高インフレを背景に通期の業績予想を下方修正した。ただ、前日にターゲットの軟調な決算を受けて11%急落していたことから、この日は4%超反発した。

S&P500は1月3日に付けた終値での最高値から約18%下落している。下落率が20%以上になれば弱気相場入りを確認する。

投資家の不安心理を示すシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー・インデックス(VIX)は一時、今月12日以来の水準に上昇する場面もあったが、結局29.5に低下して取引を終えた。

<金先物> 対ユーロでのドル下落に伴う割安感を背景に買いが先行し、反発した。中心限月6月物の清算値(終値に相当)は前日比25.30ドル(1.39%)高の1オンス=1841.20ドルだった。

この日の外国為替市場では、ドルが対ユーロで下落。ドル建て商品である金塊の割安感が強まり、買いが優勢となった。相場は朝方からじりじりと上昇し、1848.20ドルの高値を付けた。終盤にかけても堅調な流れが続いた。

<米原油先物> 低調な米経済指標を受けて売りが先行したものの、ドル安を追い風に買い戻しが入り、3日ぶりに反発した。米国産標準油種WTIの中心限月6月物の清算値(終値に相当)は、前日比2.62ドル(2.39%)高の1バレル=112.21ドル。7月物は2.85 ドル高の109.89ドルだった。

景気悪化懸念が強まる中、原油売りが膨らみ、相場は一時105.13ドルまで下落したが、安値圏では旺盛な買い戻しが入り、下げ幅を一掃した。

ドル/円 NY終値 127.80/127.83

始値 127.72

高値 127.97

安値 127.04

ユーロ/ドル NY終値 1.0586/1.0590

始値 1.0526

高値 1.0607

安値 1.0514

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 96*19.00 3.0491%

前営業日終値 96*05.50 3.0710%

10年債(指標銘柄) 17時05分 100*10.50 2.8370%

前営業日終値 99*29.50 2.8840%

5年債(指標銘柄) 17時05分 99*19.25 2.8367%

前営業日終値 99*11.25 2.8910%

2年債(指標銘柄) 17時05分 99*25.25 2.6115%

前営業日終値 99*21.88 2.6670%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 31253.13 -236.94 -0.75

前営業日終値 31490.07

ナスダック総合 11388.50 -29.66 -0.26

前営業日終値 11418.15

S&P総合500種 3900.79 -22.89 -0.58

前営業日終値 3923.68

COMEX金 6月限 1841.2 +25.3

前営業日終値 1815.9

COMEX銀 7月限 2190.8 +36.4

前営業日終値 2154.4

北海ブレント 7月限 112.04 +2.93

前営業日終値 109.11

米WTI先物 6月限 112.21 +2.62

前営業日終値 109.59

CRB商品指数 313.7472 +4.3786

前営業日終値 309.3686

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up