December 18, 2018 / 10:52 PM / 5 months ago

NY市場サマリー(18日)

[18日 ロイター] - <為替> ドルが続落し1週間ぶり安値。連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を翌日に控え、連邦準備理事会(FRB)が今後の利上げペースを緩めるとの思惑からドルのロング(買い持ち)ポジションを巻き戻す動きが見られた。

FOMCでは今年4回目となる利上げも見込まれている。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズ(ワシントン)のシニア市場アナリスト、ジョー・マニンボ氏は「経済に陰りが見られる中、FRBは来年の成長や利上げペースに関する予想を下方修正してくる可能性がある」と述べた。

スコシア銀(トロント)の主任FXストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は、市場が織り込む利上げ確率が前日の78%から足元70%に低下しているとし、「FOMC決定直前の動きとしては異例の大きさだ」と指摘した。

主要6通貨に対するドル指数.DXYは0.1%安の97.012。一時、今月10日以来の安値を付けた。リスクオフの流れから円JPY=やスイスフランCHF=が買われた。ユーロ/ドルEUR=は0.2%高の1.1368ドル。ポンド/ドルGBP=は0.2%高の1.2647ドル。

<債券> FOMCに注目が集まる中、国債利回りが低下。

ウエルズ・ファーゴ(ニューヨーク)の金利戦略部門責任者、マイケル・シューマッハー氏は「市場では利上げサイクルは終了に近づいているとの見方が強くなりつつある。まだそこには達していないが、それほど遠くないところまで来ている」と指摘。19日午後に発表されるFOMC声明については、利上げについてこれまでのように予想される回数で示すのではなく、毎回の会合で検討する姿勢を示唆する文言が含まれているか注目が集まっていると述べた。

FOMC参加者の金利動向予測分布を示す「ドット・チャート」によると、来年の利上げ回数予想は3回。この回数が2回、もしくは1回に減少すれば、FRBは利上げ休止に近づいているとのシグナルを市場に送ることになる。

CMEフェドウオッチによると、短期金融市場では現在、来年は1回の利上げが実施されるとの予想が一部織り込まれているに過ぎない。10月末時点では2回の利上げが実施されるとの予想が完全に織り込まれていた。

午後の取引で10年債US10YT=RR利回りは2.826%。一時は2.821%と、8月27日以来の水準に低下した。10年債利回りは10月9日に3.261%と、7年ぶりの高水準を付けている。

<株式> S&P500がほぼ横ばいで取引を終えた。FOMC声明の発表を翌日に控えているほか、一部政府機関が閉鎖される可能性を意識して警戒感が高まり、不安定な値動きとなった。

ダウとナスダックは、ボーイング(BA.N)やテクノロジー大手5社「FAANG」銘柄の上昇に支えられて小反発した。

S&P500は一時1.1%高まで上昇したが、共和党のマコネル上院院内総務が、共和党の歳出法案を民主党が拒否したことを明らかにすると、上昇分をほぼ吐き出した。法案が可決されなければ、一部の政府機関が閉鎖される可能性がある。

S&Pエネルギー指数.SPNYが2.4%安で下げを主導。米原油先物CLc1は供給過剰を巡る懸念から7%超急落した。

個別銘柄では、ボーイング(BA.N)が3.8%上昇。増配や自社株買い枠の拡大を好感し、4営業日ぶりに反発した。

フェイスブック(FB.O)、アップル(AAPL.O)、アマゾン・ドット・コム.AMZN.O、ネットフリックス(NFLX.O)、アルファベット(GOOGL.O)で構成するFAANG銘柄は1.3─3.1%上昇。

マレーシアの政府系ファンド「1MDB」に絡む問題で9営業日続落していたゴールドマン・サックス・グループ(GS.N)が2.1%高で引けた。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)(JNJ.N)も1.0%高。ベビーパウダーへのアスベスト混入を知りながら隠ぺいしていたとのロイターの報道を受け、過去2営業日で13%近く急落していた。

<金先物> FRBの金融政策決定を翌日に控えて持ち高調整の商いが中心となり、小幅続伸した。中心限月2月物の清算値は前日比1.80ドル(0.14%)高の1オンス=1253.60ドル。

この日昼すぎに始まったFOMCの協議の行方に注目が集まる中、相場は小動きに終始。翌19日午後に公表される声明文と経済・金利見通しなどから来年以降の政策運営に関する手掛かりを得たいとの思惑が強く、積極的な商いは手控えられた。

朝方に発表された11月の米住宅着工件数は3カ月ぶりにプラスに転じ、先行指標である着工許可件数も市場予想を上回った。加えて、前日に大幅下落した米国株がこの日は反発。外国為替市場ではドル売り・ユーロ買いに歯止めがかかり、金塊は午前にいったんマイナス圏に沈んだものの、あと買い戻しに支えられて小高い水準に切り返した。

<米原油先物> 世界的な景気減速懸念が強まる中、需給緩和に対する警戒感も広がり、大幅続落。米国産標準油種WTIの中心限月1月物の清算値は前日比3.64ドル(7.30%)安の1バレル=46.24ドルと、中心限月ベースで8月30日以来約1年4カ月ぶりの安値を付けた。2月物は3.60ドル安の46.60ドル。

世界景気に対する先行き不安でエネルギー需要の見通しにも警戒感が広がる中、この日も売りが活発化した。一方で、ロシアの12月の産油量が日量ベースで過去最高水準に達していることがロイターの報道で判明。石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟国は今月に入り日量120万バレルの協調減産で合意しているが、実際に減産に踏み切るのは来年1月からで、米国やサウジアラビアでも増産傾向が続く中、協調減産効果に懐疑的な見方が広がったことから、原油売りに一段と拍車が掛かった。

さらに、米エネルギー情報局(EIA)は17日に公表した月報で、米国の主要シェール層7カ所の石油生産が2018年末までに日量800万バレルを超えると予想。米国内の在庫水準も記録的な水準になるとの懸念が広がった。原油相場は清算値確定後も下落に歯止めがかからず、一時45ドル台を付けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below