November 26, 2018 / 10:23 PM / 16 days ago

NY市場サマリー(26日)

[26日 ロイター] - <為替> 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁がユーロ圏経済の失速を認めたことを受け、ユーロが対ドルで軟化した。

この日はまた、ドイツのIFO経済研究所が発表した11月の業況指数が102.0と、3カ月連続で低下。ロイターがまとめたコンセンサス予想の102.3も下回り、独経済見通しに対する企業経営者の楽観的見方が後退していることが浮き彫りになった。

シティ・インデックスのシニア市場アナリスト、フィオナ・シンコッタ氏は「IFO業況指数が予想より悪かったこと、さらにドラギ総裁がユーロ圏の経済指標が軟調となっていることを認めたことで、ユーロが下落した」としている。

ただ朝方の取引では、イタリア政府が財政赤字目標を欧州連合(EU)の意向に沿うよう引き下げる可能性があるとの見方から、ユーロは上昇していた。

英ポンドは対ドルで横ばい。EUは25日に開催した緊急首脳会議で、英国のEU離脱案を正式承認している。 <債券> 国債利回りが上昇。株高や週内に行われる国債入札への警戒感から売りが優勢になった。

この日行われた2年債入札は規模が390億ドルと前月から10億ドルの増額となったものの、比較的底堅い引き合いが見られた。このうち直接入札者の落札比率は19.5%と前月の5.5%から大幅に拡大、昨年2月以降で最大となった。全体の応札倍率は2.65倍と12カ月平均と比べて弱めとなる一方、間接入札者の落札比率は44.9%と平均に並んだ。

減税や歳出拡大による財政資金を賄うため、国債は着実に増発の一途をたどる中、市場では当初、需要減退を懸念する声も上がっていた。「この日の入札で直接入札者の比率が急拡大したことで、今後安心感が広がる可能性もある」(BMOキャピタルマーケッツ)という。

指標10年債US10YT=RR利回りは1.2ベーシスポイント(bp)上昇し3.07%。2年債US2YT=RR利回りは1.6bp上昇し2.84%。2年・10年債の利回り格差US2US10=TWEBは一時21.8bpと8週間ぶりの低水準となった。

<株式> 反発して取引を終えた。先週の急落後に安値拾いの買いが入った。インターネット通販の米年末商戦幕開けとされる「サイバーマンデー(感謝祭翌週の月曜日)」の売上高への期待から小売り株が上昇した。

S&P総合500種とダウ工業株30種は約1.5%、ナスダック総合は2%超、それぞれ上昇した。いずれの指数も約3週間ぶりの大幅上昇となった。

キングスビュー・アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャー、ポール・ノルテ氏は「きょう起きているのは安心買いだ。サイバーマンデーのウォール街での買い物だ」と指摘した。

ネット通販大手アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)は5.3%急伸し、ナスダックとS&P小売株指数.SPXRTの上げを主導した。S&P小売株指数は3.1%高。

原油価格の上昇を背景にエネルギー株も買われ、関連指数は1.7%高となった。北海ブレント先物LCOc1は米原油在庫の減少や供給を巡る懸念の高まりを受けて5カ月ぶりの大幅な上昇率を記録した。北海ブレントは10月上旬以降、30%近く下落している。

ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)は4.8%上昇。同社は26日、約10年前の破綻以降で最大規模となる北米事業の再編策を発表。人員削減のほか、販売が減少している車種の製造停止などを行い、電気自動車と自動運転車により多くの経営資源を投入する。

S&P総合500種は主要11セクターすべてが値上がり。一般消費財セクター.SPLRCDと情報技術セクター.SPLRCTが上昇を主導した。

情報技術セクターは2.3%高。前週は6%超値下がりし、8カ月ぶりの大幅な下げとなっていた。

半導体大手エヌビディア(NVDA.O)は5.6%高。クレディ・スイス(CS)が強気な見通しとともに同社のカバーを開始したことが好感された。

製薬のザフゲン(ZFGN.O)は40.5%の大幅安となった。米食品医薬品局(FDA)が、心臓の安全性にリスクがあるとして同社の糖尿病薬の米国での治験実施を保留扱いにした。

<金先物> ドル安・ユーロ高に伴う割安感から買いが先行したものの、為替相場の反転や米株相場の大幅上伸を背景に売り戻され、ほぼ横ばいとなった。中心限月12月物の清算値は前週末比0.80ドル(0.07%)安の1オンス=1222.40ドル。

外国為替市場では前日夜からドル売り・ユーロ買いが先行。ドル建てで取引される金塊などの商品に割安感が生じ、朝方までは金買いが優勢となっていた。また、米連邦準備理事会(FRB)高官らがこのところ世界景気の減速リスクに警戒感を表明していたことから、FRBによる利上げの打ち止め時期が前倒しにされるのではないかとの観測が浮 上していることも、金利を生まない資産である金には支援材料だった。

ただ、ドルの対ユーロ相場は早朝に反転上昇。その上、この日の米株相場が大幅反発して始まったことから、安全資産としての金需要が減退し、相場は上げ幅を一掃した。28日にはパウエルFRB議長による講演が予定されているほか、30日─12月1日には20カ国・地域(G20)首脳会議、さらにそれに合わせて米中首脳会談も開かれる見通しで、金市場は幾分様子見ムードも広がっていた。

<米原油先物> 急落した前週末の後を受けて買い戻しが入り、反発した。米国産標準油種WTIの中心限月1月物の清算値は、前週末比1.21ドル(2.40%)高の1バレル=51.63ドル。2月物は1.21ドル高の51.80ドルだった。

国際石油市場では来年にかけて供給が需要を上回る状態が続くとの観測が重しとなり、前週末の原油相場は7%超急落。中心限月の清算値としては約1年1カ月ぶりの安値を付けていた。この日はその反動で安値拾いの動きが先行。英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる交渉の決着やイタリア財政不安の後退などを背景に投資家のリスク選好意欲が回復する中、朝方から株式などともに買いを集めた。

ただ、外国為替市場で朝方にドル安・ユーロ高の流れが反転し、ドル建てで取引される原油先物に割高感が浮上。このため、午前中に一時52.25ドルを付けた後は上値が重くなった。

市場は引き続き、12月6日に開催される石油輸出国機構(OPEC)総会の行方に注目。OPEC加盟国・非加盟国は日量最大140万バレルの減産に向けて協議するとみられているが、既にこの規模では供給過剰を解消できないとする慎重な見方も浮上しており、この日も積極的な買いは入りにくかった。

ドル/円 NY終値 113.59/113.60 JPY22H=

始値 113.19 JPY=

高値 113.64

安値 113.20

ユーロ/ドル NY終値 1.1326/1.1330 EUR22H=

始値 1.1368 EUR=

高値 1.1375

安値 1.1324

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 101*03.00 3.3171% US30YT=RR

前営業日終値 101*07.50 3.3100%

10年債(指標銘柄) 17時05分 100*18.00 3.0590% US10YT=RR

前営業日終値 100*19.50 3.0540%

5年債(指標銘柄) 17時05分 99*30.00 2.8884% US5YT=RR

前営業日終値 99*31.25 2.8800%

2年債(指標銘柄) 17時03分 100*02.25 2.8365% US2YT=RR

前営業日終値 100*03.25 2.8200%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 24640.24 +354.29 +1.46 .DJI

前営業日終値 24285.95

ナスダック総合 7081.85 +142.87 +2.06 .IXIC

前営業日終値 6938.98

S&P総合500種 2673.45 +40.89 +1.55 .SPX

前営業日終値 2632.56

COMEX金 12月限 1222.4 ‐0.8 GCv1<0#GC:>

前営業日終値 1223.2

COMEX銀 12月限 1420.5 ‐3.8 SIv1<0#SI:>

前営業日終値 1424.3

北海ブレント 1月限 60.48 +1.68 LCOc1<0#LCO:>

前営業日終値 58.80

米WTI先物 1月限 51.63 +1.21 CLc1<0#CL:>

前営業日終値 50.42

CRB商品指数 180.2984 +0.6966 .TRCCRB

前営業日終値 179.6018

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below