June 5, 2019 / 10:03 PM / 3 months ago

NY市場サマリー(5日)

[5日 ロイター] -

<為替> ドルが小幅高。朝方は米ADP民間雇用者数が予想を下回ったことを受けてドル売りが先行し、対円で半年ぶり安値を付ける場面もあった。しかし、ISM非製造業総合指数(NMI)が2月以来の高水準になったことを手掛かりに、午後に入り、買い戻しが入った。

ステートストリートのシニアグローバルマーケッツストラテジスト、マービン・ロー氏は「指標は昨年ほど堅調でないにしても、なおトレンドを上回っている」とし、「FRBが利下げに積極的とは思わない」と述べた。

米労働省が7日発表する5月米雇用統計が注目される。アナリストは、雇用者数の伸びが鈍化すると予想する。

欧州中央銀行(ECB)は6日、理事会を開催する。市場では、当局者がどの程度経済減速の兆候を懸念しているか見極めようとしている。

アナリストの間からは米利下げ観測が出ているものの、景気後退懸念が世界的に広がりオーストラリアやニュージーランド一部中銀が利下げに動く中、世界の成長鈍化は最終的にドル押し上げにつながるとの指摘も聞かれた。

<債券> 5月のADP民間雇用者数が9年強ぶりの小幅な伸びにとどまったことを受け、2年債利回りUS2YT=RRが2017年12月以来の低水準を記録するなど短期国債利回りが下がった。

ランデスバンクのカール・ヒーリング氏は5月のADP民間雇用者数について「大きく(予想を)下回った。労働市場がクラッシュすれば、FRBは頼りにしていた材料の一つを失うことになる」と話した。

10年債利回りUS10YT=RRは2.118%に下がり、17年9月以来の低水準近辺で推移した。2年債と10年債の利回り格差US2US10=TWEBは31ベーシスポイント(bp)近くと7カ月ぶりの水準に拡大した。

ただ、米国株式市場が上昇したほか、供給管理協会(ISM)が発表した5月の非製造業総合指数が予想を上回ったことが、国債需要の重しとなった。

<株式> 上昇し、ダウ平均株価は200ドル超値上がりした。経済指標を受け利下げ観測が強まったほか、米国とメキシコが移民や関税の問題で合意できるとの期待が広がった。

チャールズ・シュワブのチーフグローバル投資ストラテジスト、ジェフリー・クライントップ氏は「景気が弱含み、FRBが早期利下げに踏み切る口実ができたという見方が今日と昨日で広がった。仮に7日公表の雇用統計が堅調でこうした口実がなくなれば、市場が失望する可能性もある」と話す。市場は現時点で、7月の予防的な利下げを予想していると指摘した。

クライントップ氏は、利下げ観測の意味合いは大きいと分析。低金利下で好調なディフェンシブ銘柄が、貿易の影響をより受けやすい株をアウトパフォームしたと指摘する。

S&Pセクター別で唯一値下がりしたのはエネルギー.SPNY(1.1%安)。原油相場の急落が響いた。

<金先物> さえない米雇用関連指標の発表を受けた買いがあと細ったものの、プラス圏を維持した。相場上昇はこれで6営業日連続。

米民間雇用サービス会社オートマティック・データ・プロセッシング(ADP)が朝方に発表した5月の民間就業者数の伸びが市場予想を大幅に下回ったことを受け、外国為替市場ではドルがユーロに対し大きく下落。ドル建てで取引される金塊は割安感からも買われやすくなり、一時1348.90ドルの高値を付けた。

ただ、その後に米サプライ管理協会(ISM)が発表した5月の非製造業景況指数が横ばいの市場予想に対して上昇し、対ユーロでドルが買い戻される中、金塊は上げ幅を大きく縮小する展開となった。

<米原油先物> 米エネルギー情報局(EIA)の週報で原油在庫の大幅な積み増しが示されたことを受けて売りがかさみ、大幅反落した。中心限月の清算値ベースで1月14日以来約5カ月ぶりの安値を付けた。

週報を受けて、米国内の供給過剰懸念が強まり、原油売りが加速した。

また、米中貿易交渉の行方になお不透明感が広がる中、二大経済大国による「貿易戦争」が長期化すれば、エネルギー需要の減退につながるとの懸念も原油相場を圧迫。さらに、外国為替市場ではドルがユーロに対して午前中ごろ反転上昇したことも、割高感から原油売りを誘う展開となった。

ドル/円 NY終値 108.45/108.48 JPY21H=

始値 108.29 JPY=

高値 108.48

安値 107.82

ユーロ/ドル NY終値 1.1219/1.1223 EUR21H=

始値 1.1260 EUR=

高値 1.1306

安値 1.1220

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 104*24.50 2.6436% US30YT=RR

前営業日終値 105*19.50 2.6040%

10年債(指標銘柄) 17時05分 102*05.50 2.1313% US10YT=RR

前営業日終値 102*08.50 2.1210%

5年債(指標銘柄) 17時05分 100*19.50 1.8713% US5YT=RR

前営業日終値 100*17.75 1.8830%

2年債(指標銘柄) 17時05分 100*16.88 1.8529% US2YT=RR

前営業日終値 100*15.63 1.8730%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 25539.57 +207.39 +0.82 .DJI

前営業日終値 25332.18

ナスダック総合 7575.48 +48.36 +0.64 .IXIC

前営業日終値 7527.12

S&P総合500種 2826.15 +22.88 +0.82 .SPX

前営業日終値 2803.27

COMEX金 8月限 1333.6 +4.9 GCv1<0#GC:>

前営業日終値 1328.7

COMEX銀 7月限 1479.1 +2.2 SIv1<0#SI:>

前営業日終値 1476.9

北海ブレント 8月限 60.63 ‐1.34 LCOc1<0#LCO:>

前営業日終値 61.97

米WTI先物 7月限 51.68 ‐1.80 CLc1<0#CL:>

前営業日終値 53.48

CRB商品指数 172.3394 ‐3.1508 .TRCCRB

前営業日終値 175.4902

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below