August 7, 2018 / 10:00 PM / 4 months ago

NY市場サマリー(7日)

[7日 ロイター] - <為替> 中国人民元相場が安定化したことを背景にドルが対ユーロで下落した。

中国人民銀行(中央銀行)は前週3日、人民元相場の安定化に向け、市中銀行に義務付ける為替フォワード取引の準備金要件を6日から20%に引き上げる方針を発表。これを受け、6月中旬以降約7%下落していた人民元CNH=は3日の取引で1ドル=6.9122元から6.8284元に上昇した。

通商を巡る懸念からこのところユーロは人民元に連動して動く傾向が出ており、人民元相場は安定化していくとの観測からユーロが上昇した。

主要6通貨に対するドル指数.DXYは0.10%下落の95.264。7月19日には95.652と、2017年7月以来の水準に上昇していた。

ユーロ/ドルEUR=は0.24%高の1.1581ドル。市場関係者は1.15ドル近辺でテクニカルな支持が見られたとしている。

<債券> 国債利回りが上昇。米株高となる中、債券への投資妙味が薄まった。また、今週実施される総額780億ドルの四半期定例入札(クオータリー・リファンディング)に備えた売りが出た。

米財務省はこの日、340億ドルの3年債入札を実施。需要は低調だった。340億ドルは3年債の入札規模としては8年ぶりの大きさ。

8日には260億ドルの10年債、9日には180億ドルの30年債入札が行われる。いすれも規模としては過去最大。

社債の発行も相次いでいる。IFRによると、前日の社債市場での調達額(投資適格級)は104億5000万ドルに達した。

終盤の取引で、10年債利回りUS10YT=RRは約4ベーシスポイント(bp)上昇し、2.975%。

<株式> 上昇。オンライン小売のアマゾン・ドットコム(AMZN.O)やグーグルの持ち株会社アルファベット(GOOGL.O)などが買われたほか、好調な企業決算が材料視された。

S&P500は2858.45で終え、1月26日に付けた過去最高値の2872.87に近付いた。

アルファベットは1.47%高、アマゾンは0.8%高。マイクロソフト(MSFT.O)も0.69%上昇した。

米政府が対イラン制裁を一部復活させたことを受けて原油の供給を巡る懸念が広がり、エネルギー株.SPNYが上昇。

米10年債利回りの上昇を受けて金融株.SPSYも買われた。

テスラ(TSLA.O)は10.99%急伸。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が株式非公開化を検討していることを明らかにした。

ウォルト・ディズニー(DIS.N)は引け後に決算発表を控えて0.53%高で通常取引を終えた

<金先物> 薄商いの中、ドル安・ユーロ高の進行などを手掛かりとした買いが入り、小反発した。中心限月12月物の清算値は前日比0.60ドル(0.05%)高の1オンス=1218.30ドル。

<米原油先物>  対ユーロでのドル安進行や需給引き締まり観測などを背景に買われ、堅調に推移している。 米国産標準油種WTIの中心限月9月物は午前9時40分現在、前日比0.28ドル高の1バレル=69.29ドル。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below