Reuters logo
NY市場サマリー(22日)
2017年6月22日 / 22:13 / 6ヶ月前

NY市場サマリー(22日)

[22日 ロイター] - <為替> ドルは小動きにとどまった。堅調な米経済指標が発表されたが、米国債利回りが上昇しなかったことで積極的なドル買いにつながらなかった。

ドルは今週、複数の米連邦準備理事会(FRB)高官の年内再利上げに前向きな発言で値上がりする場面があった。ただその後市場では、足元の緩やかな米景気拡大ペースは追加利上げを正当化しないのではないかとの見方が広がり、ドル高の勢いが弱まった。

この日も米失業保険申請統計で労働市場の引き締まりが示され、4月米住宅価格指数が予想以上に上昇したものの、市場の反応は乏しかった。BKアセット・マネジメントのFX戦略マネジングディレクター、ボリス・シュロスバーグ氏は「市場はFRBのタカ派姿勢を受け入れておらず、下半期の米経済成長に疑念を持っている」と指摘した。

こうした市場の見方を反映し、米国債市場では21日に長短利回りスプレッドが約10年ぶりの低水準に縮小。

ポンドは終盤にドルとユーロに対して買い優勢となった。イングランド銀行(英中央銀行、BOE)金融政策委員会のフォーブス委員が、もはや利上げを先送りすべきでないと語ったことが材料視された。

ノルウェークローネは上昇。中央銀行が今年と来年の政策金利見通しを上方修正し、利下げの可能性がなくなったと表明した。

<債券> 国債価格が横ばいから小幅安。また、原油価格が回復する中、短・長期債利回り格差は小幅拡大し、イールドカーブのフラット化はひとまず一服した。

30年債利回りUS30YT=RRが7カ月ぶりの低水準となる2.713%をつけたことを受け、5・30年債利回り格差US5US30=TWEBは一時94.9ベーシスポイント(bp)に縮小し、2007年12月以来の低水準となった。

ただ、原油価格が前日につけた10カ月ぶり安値から戻したことでインフレ圧力の高まりが意識され、長期債利回りは小幅上昇。これを受け5・30年債利回り格差は終盤の取引で96bpに押し戻された。

ノムラ・セキュリティーズ・インターナショナルの金利ストラテジスト、スタンレー・サン氏は「長期債利回りは上昇一服となった」と指摘した。

総額50億ドルの30年物インフレ指数連動債(TIPS)銘柄統合(リオープン)入札は、旺盛な需要を集めた。最高落札利回りは0.880%と、入札前(WI)取引の水準を下回った。応札倍率も2.83倍と、好調な結果となった。

短期債利回りは横ばいから小幅低下。米連邦準備理事会(FRB)による年内あと1回の利上げへの懐疑的な見方を反映しているとアナリストは指摘する。

また米財務省は同日、来週総額880億ドルの国債入札を実施すると発表。26日には260億ドルの2年債、27日には340億ドルの5年債、28日には280万ドルの7年債入札が行われる。

<株式> おおむね横ばい。ヘルスケア関連株が買われる一方、金融株や生活必需品関連株は下落し、相場の重しとなった。

S&Pヘルスケア株指数.SPXHCは約1%上昇し、5営業日連続で最高値を更新した。米共和党の上院指導部が医療保険制度改革(オバマケア)の改廃案を公表したことが材料視された。改廃案には、貧困層向けの支援を削減することなどが盛り込まれた。

ナスダックのバイオテクノロジー株指数も1.3%上昇した。オバマケア改廃案が議会の支持を得て成立するのかどうかは不透明だが、医薬品株が買われ、米バイオ医薬品のギリアド・サイエンシズ(GILD.O)は4.4%高となった。

S&Pエネルギー株指数.SPNYは0.1%安。前日までの3営業日で3.5%下落していたが、値下がりが続いた。

マニュライフ・アセット・マネジメントのマネジングディレクター兼ポートフォリオマネジャー、マイケル・スキャンロン氏は「ここ数週間、石油相場は厳しい状態だった。きょうは相場が上がったとはいうものの、まだ底を打ったと確信を持てる状況ではない」と述べた。

S&P銀行株指数.SPXBKは0.6%安。

スキャンロン氏は、銀行各社からは今四半期、取引環境があまりよくないといった暗い話が出てきていたと説明。「市場では今後数週間、値動きがやや不安定さを増すのではないか」と予想した。

<金先物> 続伸。このところの下落傾向を受けて前日に引き続き安値拾いの買いが入ったほか、チャート要因による買いなども入った。

<米原油先物> 反発。前日の反動から安値拾いの買いが入り早朝から堅調に推移。昼前には一時43.32ドルまで上昇した。ただ需給不均衡の是正にはなお時間がかかるとの見方が根強く、昼ごろからは上値を削る展開となった。

*株式の本文を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below