for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY市場サマリー(16日)S&Pとダウ上昇、ドルは週間で上昇

[16日 ロイター] -

<為替> ドル指数が小幅安となった。ただ、週間では新型コロナウイルスの世界的な感染再拡大や米国の追加コロナ対策を巡る懸念などを背景に上昇した。

この日発表された9月の米小売売上高は、前月比1.9%増と市場予想の0.7%増を上回った。これを受け、ドル指数は下げ幅を一部縮小した。

ドル指数=USDは0.1%安の93.676。週間では0.7%上昇し、上昇率は過去3週間で最大だった。

新型コロナの感染再拡大を抑制するため、米中西部や欧州では新たな制限措置が導入されており、コロナ禍からの経済回復が鈍化すると不安視されている。

米国の追加コロナ対策を巡る協議も依然として進展していない。

米財務省は16日、2020年会計年度(9月30日まで)の財政赤字が過去最悪の3兆1320億ドルに達したと発表した。大規模な新型コロナウイルス対策を導入したことで、これまでの過去最悪だった09年度(1兆4160億ドル)の2倍を超える水準に膨らんだ。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニア市場アナリスト、ジョー・マニンボ氏は「新型コロナ、刺激策、米経済、間近に迫る米大統領選という4つの懸念の中で、市場の楽観的な見方は今週後退し、ドルの追い風になった」と述べた。

安全通貨である円JPY=EBSは今週、対ドルで0.2%上昇する見込み。安全通貨を選好する動きは依然として強い。

キャピタル・エコノミクスのシニア米国エコノミスト、マイケル・ピアース氏は、米小売売上高について「9月の予想を上回る伸びは、米経済の勢いが想定以上に第4・四半期も持続することを示唆し、今夏の失業給付期限切れが経済に悪影響を与えるとの懸念を払拭する」と指摘。「ただ、新型コロナの感染再拡大を考慮すると、国内総生産(GDP)成長率見通しを早々に上方修正することはない」とした。

ポンドは荒い値動きの中、序盤の上昇を吐き出した。ジョンソン英首相は16日、欧州連合(EU)が根本的に方針を変更しない限り、通商合意のないまま離脱する準備をする時だと述べ、これ以上の交渉は意味がないという強い不満を示した。

<債券> 国債利回りが上昇した。9月の米小売売上高が予想以上に増加したほか、消費者信頼感も改善したことが指標で示された。

米商務省が16日発表した9月の小売売上高は、前月比1.9%増と、市場予想の0.7%増を上回った。自動車や衣料、外食、娯楽が好調に伸びた。

ミシガン大学が公表した10月の消費者信頼感指数(速報値)は81.2と、9月確報値の80.4から上昇し、3月以来7カ月ぶりの高水準となった。

USバンク・ウエルスマネジメント(ミネアポリス)の債券調査部長、ビル・メルツ氏は、「景気は徐々に改善しているが、回復ペースは緩やかで、今後も緩やかなものになるだろう」と指摘。長期債の利回りが短期的には上昇が持続しないという見方を示した。

また、米連邦準備理事会(FRB)が発表した9月の鉱工業生産統計は、製造業生産指数が0.3%低下した。市場予想(0.7%上昇)に反する低下で、新型コロナウイルス禍からの製造業の回復鈍化が示された。

10年債利回りUS10YT=RRは、小売指標を受けて0.757%まで上昇し、その後は0.744%。6月初旬に0.96%に急上昇したことを除けば、4月以降は0.50─0.80%の狭い範囲で取引されている。

<株式> S&P総合500種が上昇して取引を終えた。新型コロナウイルス感染症ワクチン開発に関する前向きなニュースのほか、予想を大幅に上回った米小売売上高を受け買いが強まった。

ダウ工業株30種平均も上昇し、S&P500とともに4日ぶりに反発。一方、ナスダック総合指数は小幅安となった。

ただ、週間では主要3指数いずれも上昇した。

米製薬大手ファイザーPFE.Nは16日、ドイツのバイオ医薬品ビオンテック22UAy.Fと共同で開発している新型コロナウイルス感染症ワクチンについて、11月下旬に米当局に緊急使用許可(EUA)を申請する公算が大きいと表明した。

ベアードの投資ストラテジスト、ロス・メイフィールド氏は、「市場を動かす2大要因はワクチン開発を巡る日程と追加刺激策への楽観だ」と述べた。

米商務省が16日発表した9月の小売売上高は、前月比1.9%増と、市場予想の0.7%増を上回り、好調な経済活動を示す内容で第3・四半期を締めくくった。

また、米ミシガン大学が16日公表した10月の消費者信頼感指数(速報値)は81.2と、9月確報値の80.4から上昇し、3月以来7カ月ぶりの高水準となった。

ただ、米国の追加コロナ対策が合意に達しない限り、見通しには不透明感が漂っている。

メイフィールド氏は、刺激策なしに好調な米小売売上高がどれだけ持続するのかはわからないが、「暗い先行きにもかかわらず、消費者がかなり持ちこたえている現状は心強い」と語った。

業種別では主要11セクター中7セクターが上昇。公益事業.SPLRCUが最も上昇する一方、エネルギー.SPNYが最大の下げとなった。

第3・四半期決算シーズンが今週から始まり、S&P500構成企業では49社が発表。リフィニティブによると、そのうち86%が低水準の予想を上回ったという。

この日は米石油サービス大手シュルンベルジェSLB.Nが決算を発表。原油安や需要低迷を受け3四半期連続で損失を計上したことを受け、株価は8.8%安となった。

鉄道会社カンザスシティー・サザンKSU.Nと物流会社ジェイ・ビー・ハント・トランスポート・サービスJBHT.Oも四半期決算で輸送需要低下の影響が示され、株価はそれぞれ2.7%安、9.7%安となった。

経済の健全性を示すとされるダウ輸送株20種.DJTは1.3%下げた。

オンデマンド型バイクエクササイズサービスの米ペロトン・インタラクティブPTON.Oは3.7%安。ペダルの不具合に伴うリコールを発表した。

<金先物> 手掛かり材料難の中、3日ぶりに反落した。中心限月12月物の清算値(終値に相当)は前日比2.50ドル(0.13%)安の1オンス=1906.40ドル。週間では1.03%下落した。

<米原油先物> 世界的なエネルギー需要の先細り観測を受けて、小幅続落した。米国産標準油種WTIの中心限月11月物の清算値(終値に相当)は前日比0.08ドル(0.20%)安の1バレル=40.88ドル。12月物は0.12ドル安の41.12ドルだった。

ドル/円 NY終値 105.40/105.44 JPY21H=

始値 105.28 JPY=

高値 105.43

安値 105.23

ユーロ/ドル NY終値 1.1718/1.1722 EUR21H=

始値 1.1717 EUR=

高値 1.1745

安値 1.1714

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 96*06.00 1.5348% US30YT=RR

前営業日終値 96*25.00 1.5090%

10年債(指標銘柄) 17時03分 98*26.50 0.7489% US10YT=RR

前営業日終値 98*31.00 0.7340%

5年債(指標銘柄) 17時05分 99*20.25 0.3249% US5YT=RR

前営業日終値 99*22.00 0.3140%

2年債(指標銘柄) 17時05分 99*30.63 0.1471% US2YT=RR

前営業日終値 99*31.00 0.1410%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 28606.31 +112.11 +0.39 .DJI

前営業日終値 28494.20

ナスダック総合 11671.56 -42.32 -0.36 .IXIC

前営業日終値 11713.87

S&P総合500種 3483.81 +0.47 +0.01 .SPX

前営業日終値 3483.34

COMEX金 12月限 1906.4 ‐2.5 GCv1<0#GC:>

前営業日終値 1908.9

COMEX銀 12月限 2440.5 +18.1 SIv1<0#SI:>

前営業日終値 2422.4

北海ブレント 12月限 42.93 ‐0.23 LCOc1<0#LCO:>

前営業日終値 43.16

米WTI先物 11月限 40.88 ‐0.08 CLc1<0#CL:>

前営業日終値 40.96

CRB商品指数 151.4796 ‐0.2628 .TRCCRB

前営業日終値 151.7424

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up