Reuters logo
NY市場サマリー(17日)
2017年5月17日 / 22:17 / 6ヶ月後

NY市場サマリー(17日)

[18日 ロイター] - <為替> ロシアの米大統領選関与疑惑を巡りトランプ大統領に対する弾劾裁判の可能性が持ち上がったことなどを受けて、ドルが主要通貨に対し売られた。一方、比較的安全な資産とされる円に投資資金が流入し、ドル/円JPY=は一時、1.95%安の110.93円をつけた。

主要6通貨に対するドル指数.DXYは、一時0.6%安の103.82となり、昨年11月9日以来の低水準に下落した。

ドルは安全資産とされるスイスフランCHF=に対しても売られ0.75%安となった。

トランプ氏は16日、解任したコミー前連邦捜査局(FBI)長官の在任中、同氏に、フリン前大統領補佐官(国家安全保障担当)とロシアとの関係を巡る捜査を打ち切るよう求めていたと報じられた。

トランプ氏には捜査を妨害しようとしたとの疑いが浮上しており、大統領罷免などの可能性まで取り沙汰され始めた。

シリコン・バレー・バンクのシニア通貨トレーダー、Peter Ng氏は「今起きているのはまさにドルの問題だ。ホワイトハウスで起きていることに世界中が注目しており、投資家のリスク回避姿勢をもたらしている」と指摘した。

この日の相場の値動きは、大幅減税などトランプ政権が掲げる政策の実現性に関し、市場の信頼が失われていることをうかがわせた。ただ、アナリストは、トランプ氏が実際に弾劾を受ける可能性は限定的だと指摘する。

一方で、市場が織り込む、米連邦準備理事会(FRB)の6月利上げの可能性は69%に上り、ドル買いを促す要因となっている。

ヘニオン・アンド・ウォルシュ・アセット・マネジメントのケビン・マーン最高投資責任者は「もしFRBが6月に0・25%の利上げを実施すれば、ドルは強くなる。首都ワシントンでの動きによりドルに下落圧力が掛かっている状況だが、その圧力は6月利上げ観測によっていくらか緩和されている」と述べた。

<債券> トランプ米大統領をめぐるロシア関連の疑惑が深まるなか減税やインフラ投資拡大などの経済政策の実施が遅延するとの懸念が膨らみ、国債利回りが低下した。1日の下落率としては昨年7月以来の大きさとなる可能性がある。

この日はロシアが昨年の米大統領選挙に介入した可能性があるとの疑惑を巡り、少数ながらトランプ氏の身内である共和党内から独立調査を求める声が強まっていることが判明。ある共和党議員は弾劾の可能性にも言及した。

BMOキャピタル・マーケッツの金利ストラテジスト、アーロン・コリ氏は、「ヘッドラインニュースが大きければ大きいほど、市場が注目している財政刺激策、税制改革、規制改革などの問題が遠のいていく」と述べた。

10年債US10YT=RR利回りは2.22%と、4月21日以来の低水準を付けた。前日終盤は2.33%だった。

長期債に対する需要が増大したことでイールドカーブはフラット化し、10年債と2年債の利回り格差US2US10=TWEBは昨年11月3日以来の水準に縮小した。連邦準備理事会(FRB)が6月に利上げを決定する公算が大きいなか、金利動向に敏感な短期債と比べ長期債は上昇余力が大きいと見られている。

CMEグループのフェドウォッチによると、金利先物は連邦準備理事会(FRB)が6月に利上げを決定する確率が65%であることを示す水準にある。1週間前は88%だった。年内にあと2回、もしくはこれ以上の回数の利上げが決定される確率は40%。

<株式> トランプ米大統領によるロシアを巡る司法妨害の疑惑が広がり、主要3指数がそろって急落した。

ダウ工業株30種指数.DJIとS&P500種総合株価指数.SPXは昨年9月9日以来、ナスダック指数.IXICは英国民投票で欧州連合(EU)離脱が決まった後の昨年6月24日以来で最大の下げ幅を、それぞれ記録した。

トランプ大統領が連邦捜査局(FBI)のコミー前長官に、辞任したフリン前大統領補佐官に対する捜査を中止するよう要請していたと、メディアが16日に一斉に報じた。

コミー前長官の突然の解任と、トランプ大統領がロシアのラブロフ外相に機密情報を漏らしたとされる疑惑も重なり、大統領が掲げる減税や景気刺激策、規制緩和など企業寄りの政策への期待が低下した。

<金先物> トランプ米政権に対する不信感が強まる中、安全資産としての金買いが膨らみ、6営業日続伸した。6月物の清算値は前日比22.30ドル(1.80%)高の1オンス=1258.70ドルと、中心限月ベースで4月28日(1268.30ドル)以来約3週間ぶりの高値となった。

<米原油先物> 対ユーロでのドル安進行や米原油在庫の減少などを好感した買いが入り、反発した。米国産標準油種WTIの中心限月6月物の清算値は前日比0.41ドル(0.84%)高の1バレル=49.07ドル。7月物は0.41ドル高の49.41ドルとなった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below