March 12, 2018 / 10:33 PM / 5 months ago

NY市場サマリー(12日)

[13日 ロイター] - <為替> ドルが下落。前週末発表の2月米雇用統計で賃金の伸び鈍化が示されたことを受け、連邦準備理事会(FRB)が年内3回以上の利上げを実施することは困難となる公算が大きいとの見方が広がった。

2月の雇用統計では、非農業部門の就業者数が前月比31万3000人増と、1年7カ月ぶりの大幅な伸びとなる一方、時間当たり平均賃金は前月比0.1%増と、伸びは前月の0.3%から減速し、市場予想の0.2%も下回った。前年同月比でも2.6%増と、1月の2.8%増から伸びが鈍化した。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニア市場アナリスト、ジョー・マニンボ氏は「米雇用統計は強弱まちまちの内容となり、FRBが利上げペースを加速させる見方を支えるには至らなかった」と指摘。「ドル買いを後押しし、FRBの利上げペースを加速させるには、賃金の伸びが(前年同月比で)3%を超える必要がある」と述べた。

米国が鉄鋼・アルミニウム製品に対する関税導入を決めたことも、ドルに対する圧迫要因になっているとアナリストは指摘する。トランプ米大統領は8日、鉄鋼とアルミニウムにそれぞれ25%と10%の関税を課す輸入制限を実施することを正式に発表した。

スコシア銀の首席為替ストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は「ドルの見通しに対し慎重姿勢を維持する」としたうえで、「例え限定的であっても、関税導入は過去においてドルにプラスの効果をもたらしたことはない」と語った。

円を巡っては、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書が書き換えられていた問題の行方に注目が集まっている。

13、14日にそれぞれ発表される2月の米消費者物価指数と米卸売物価指数が注目される。

フォレックス・ドット・コムのリサーチ主任ジェームズ・チェン氏は「予想を著しく下回る内容となれば、株価は押し上げられ、ドルに一段の下押し圧力がかかるだろう」との見通しを示した。

<債券> 供給規模が増える中でも、債券価格は底堅く推移した。

米財務省が実施した280億ドルの3年債入札は、最高落札利回りが2.436%と予想をやや下回り、底堅い投資家需要がうかがえた。

210億ドルの10年債入札は、最高落札利回りが予想水準を1ベーシスポイント(bp)下回った。

供給増は価格にいくぶん圧力をかけ、いずれの入札でも応札倍率が平均をやや下回ったが、需要後退を示すほどの差はみられない。3年債の供給規模が前回入札から20億ドル増え、10年債リオープン規模も直近のリオープンと比べて10億ドル大きかった。

減税や歳出拡大による債務負担の急増も予想されるが、ジェフェリーズのエコノミストは「入札規模が大きすぎて、実際に消化問題を起こすほどの段階にはない」と指摘。「市場では、本当に良かった入札結果と平均的な結果の違いが話題に上がる程度」と話した。

直近で3年債利回りUS3YT=RRは2.425%と、前週末につけた10年ぶり高水準(2.455%)をわずかに下回った。

10年債利回りUS10YT=RRは2.868%。利回りが3%台だった2014年1月以来の高水準となる2月21日の2.957%から低下した。

<株式> ナスダック総合はハイテク株に買いが入り上昇して終了したが、ダウとS&P総合500種はトランプ米大統領による鉄鋼とアルミニウムの輸入制限発動が重しとなり下落して引けた。

2.9%安の航空機大手ボーイング(BA.N)、2.4%安の重機メーカーであるキャタピラー(CAT.N)といった株式が圧迫された。トランプ大統領の保護主義的なスタンスによりコストが上昇し、海外での販売が打撃を受けるとの見通しが嫌気された。ボーイング、キャタピラーはともにダウ構成銘柄で下落率上位となった。

パー・スターリング・キャピタル・マネジメントのディレクター、ロバート・フィップス氏は「報復措置のターゲットになるとの懸念から、多国籍の大手工業系企業は軒並み打撃を受けている」と述べた。

ロンビア・スレッドニードルのシニアポートフォリオ・マネジャー、アンウィティ・バフグナ氏は先週末に発表された雇用統計で安定して緩やかな賃金の伸びが示されたことに触れ、「株式市場にとって打撃になると考えるべき材料は何もない。成長株は堅調であり、昨年の上昇の勢いが続いている。半面、ダウは成長志向ではなさそうな企業が集まっている」と語った。

<金先物> ドル高・ユーロ安の先行などを背景に反落した。中心限月4月物の清算値は前 週末比3.20ドル(0.24%)安の1オンス=1320.80ドル。

<米原油先物> 米国内の供給過剰懸念や利益確定の売りなどを背景に反落した。米国産標準油種WTI中心限月4月物の清算値は前週末比0.68ドル(1.10%)安の1バレル=61.36ドル。5月物は0.59ドル安の61.33ドルとなった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below