May 18, 2018 / 10:45 PM / 3 months ago

NY市場サマリー(18日)

[18日 ロイター] - <為替> ドルが一時急伸、イタリア政治を巡る不透明な状況を嫌気しユーロが弱含んだ。

ドル指数は週間で1.2%値上がりし、5営業日連続で上昇した。2月半ば以降では5%上がった。インフレ抑制に向け、追加米利上げを予想する声が広がっている。

スコシア銀行(トロント)の首席外為ストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は「ドル高は引き続き一時的問題とみている。過度のショートポジションのほか、欧州景気の勢いが鈍化して欧州中央銀行(ECB)が年内に量的緩和を縮小する姿勢を阻害しかねないとの懸念を映している」と話した。

ユーロは対ドルEUR=で5週間連続で下落。これは2015年以来。

終盤の取引で、ユーロはドルに対して5カ月ぶり安値の1.1753ドルに下落した。週間で約1.2%値下がりした。

一方、ドル指数.DXYは3月半ば以来の高値となる93.83まで上昇する場面があった。

ラボバンク(ロンドン)のFXストラテジスト、ピョートル・マティス氏は「ドル指数が向こう数週間で、次の重要な節目となる94.219と95.149を再び付けると考えるのは妥当だ」「これらの水準を突破すれば、上振れバイアスが強まるだろう」と話した。

ドルは対円で4カ月ぶり高値を更新したが、直近ではほぼ横ばい。米国債利回りUS10YT=RRが一段と上昇したことが全般的に下支えしている。

シティバンクのストラテジストは顧客リポートで、米財政赤字が来年1兆ドル強に拡大するとの見通しから、ドル高は長く続かないと予想。ドル指数は今後1年間に5%下落すると分析した。

来週は米連邦公開市場委員会(FOMC)やECB理事会の議事要旨が公表される予定で、市場の注目を集めそうだ。

<債券> オーバーナイトで10年債利回りが一時約7年ぶり高水準を付けた後、低下した。今週は債券が売られ、安値拾いの買いが入った。

一部のテクニカル指標によると、債券市場は昨年12月以来最も売られている状態にある。

利回りが数年ぶりの高水準を記録し、一部のファンドマネジャーが今週、長期国債を買い増す動きにつながった。

市場関係者の多くが、国債価格は再び下落し、10年債利回りは2011年5月以来となる3.25%近辺に向かうとみている。

RWプレスプリッチの政府・エージェンシー取引部門責任者、ラリー・ミルステイン氏は「指標がなお極めて良好で、投資家らは好調な景気状況を認識している」と話す。

10年債利回りUS10YT=RRは4ベーシスポイント(bp)低下して3.071%。ロイターのデータによると、海外の取引時間に一時、3.128%と11年7月以来の高水準を付けた。

週間の上昇幅は約10bpと、1カ月ぶりの大きさとなる勢いだ。サントラスト・アドバイザリー・サービシズの債券部門幹部、アンドルー・リッチマン氏は「投資家は市場の動きを消化している」と指摘、利回りが再び上昇すると予想した。

2年債利回りUS2YT=RRは2bp低下して2.553%。6週連続で上昇する見通し。10週連続で上昇した昨年第4・四半期以来の長さとなる。

30年債利回りUS30YT=RRはオーバーナイトで一時、14年10月以来の水準となる3.264%まで上昇した。週間の上げは2月初め以来の大きさとなる見込みだ。

財務省は来週、990億ドルの固定金利クーポン債や160億ドルの2年物変動利付債入札を予定しており、国債需要の強さが試される。

<株式> 不安定な値動きとなる中、S&P総合500種とナスダック総合が続落。銀行と半導体株の売りが膨らみ相場全体を圧迫した。ダウ工業株30種は横ばいで引けた。

米中通商協議を巡る警戒感に加え、米債利回りや原油価格の上昇などが重しとなり、週足では主要株価3指数はそろって下落した。

ブルーダーマン・アセット・マネジメントの首席市場ストラテジスト、オリバー・パーシェ氏は「誰もが通商協議から何らかの方向性を得ることを望んでいる。原油相場を巡る懸念もくすぶっている」と指摘した。

ワシントンで開かれている米中通商協議が2日目を迎える中、中国外務省の報道官はこの日、中国が対米貿易黒字を2000億ドル削減すると提案したとする報道は正しくないと述べた。同時に米国との通商協議は建設的で、継続中と付け加えた。

米国の対中貿易赤字縮小が同社への追い風になるとの期待から、ボーイング(BA.N)は2.1%上昇した。

銀行株は低調で、JPモルガン・チェース(JPM.N)、シティグループ (C.N)、バンク・オブ・アメリカ(BAC.N)、ウェルズ・ファーゴ(WFC.N)は軒並み下落。S&P金融株.SPSYは0.9%下落した。投資家の間からは、ローンの伸びが加速、もしくは規制の大幅緩和が実現しなければ、銀行株の上昇余地は限定的との指摘が聞かれた。

アプライド・マテリアルズ(AMAT.O)は8.2%下落。低調な見通しを受け、 スマートフォン需要減速を巡る懸念が強まった。

米フィラデルフィア半導体指数.SOXは1.4%安と、4月19日以来の安値をつけた。

アルファベット(GOOGL.O)は1.1%安。今週末放映の米CBSのニュース番組「60ミニッツ」で同社が取り上げられることへの懸念が圧迫した。

通期利益見通し上方修正を好感し、農業機械大手ディア(DE.N)は5.7%高。半面、キャンベル・スープ(CPB.N)は12.4%安。最高経営責任者(CEO)の突然の辞任や通期利益見通し引き下げが売り材料となった。

原油価格下落に追随し、S&Pエネルギー.SPNYは0.8%安となった。

米中小企業で構成するラッセル2000指数はアウトパフォームし、3日連続で終値で過去最高値を更新した。

ニューヨーク証券取引所では、値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を1.01対1の比率で上回った。ナスダックでは1.03対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は61億8000万株。直近20営業日の平均は66億4000万株。

<金先物> 週末に伴う持ち高調整の買いなどが入り、小反発した。中心限月6月物の清算値は前日比1.90ドル(0.15%)高の1オンス=1291.30ドル。ただ、週間では2.23%安となった。

米長期金利の高止まりが重しとなり、前日夕方以降はジリ安で推移。早朝の外国為替市場でドル買い・ユーロ売りが急速に進んだ場面では割高感も加わって下げ幅を拡大し、一時1285ドル近くまで値を崩した。

しかし、前日に付けた安値の1284.00ドルが迫ると、週末を控えて持ち高調整の買い戻しや安値拾いの動きが台頭。前日から再開されている米国と中国の貿易摩擦解消に向けた協議をめぐる不透明感も根強く、安全資産とされる金塊買いを支援した。さらに、米長期金利がこの日、緩やかに低下していることも金利を生まない金塊には追い風となり、午前の遅い段階からはプラス圏に浮上した。

金塊現物相場は午後1時50分現在、1.800ドル高の1292.095ドル。

<米原油先物> ドル高・ユーロ安の進行を背景に割高感による売りに押され、下落した。米国産 標準油種WTIの中心限月6月物の清算値は、前日比0.21ドル(0.29%)安の1バレル=71.28ドル。週間ベースでは0.82%高となった。7月物は0.20ドル 安の71.37ドルだった。

この日は外国為替市場でドル高・ユーロ安が進行。ドル建てで取引される原油などの商品に割高感が生じ、売り圧力が強まった。また、原油相場はこのところ約3年半ぶりの高値圏で推移している上、週末という要因も重なって利益を確定する動きも見られた。

ただ、ベネズエラの大統領選を20日に控えて、同国政権の先行きに対する警戒感から原油を買う動きもみられ、下値は限定的だった。ベネズエラでは独裁色を強める反米左派の現職マドゥロ氏の再選が濃厚となっているが、同氏が当選すれば米国が新たな経済制裁を発動する可能性もあり、ベネズエラ産原油が一段と減少するとの見方が広がっている。また、米国による対イラン経済制裁の再発動方針も引き続き支援材料。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below