September 28, 2018 / 9:59 PM / 3 months ago

NY市場サマリー(28日)

[28日 ロイター] - <為替> 米連邦準備理事会(FRB)が2020年まで利上げを継続するとの見方からドルが買われ、対円で9カ月ぶりの高値を付けた。イタリア予算案を巡る懸念がユーロの重しとなったことことも作用し、ドル指数は2週間ぶりの水準に上昇した。

主要6通貨に対するドル指数.DXYは7─9月は0.5%上昇し、四半期ベースで2四半期連続での上昇となる見通し。ドルは過去6カ月で約6%上昇している。ドル/円JPY=は113.66円と、9カ月ぶりの高値を更新。終盤の取引では0.2%高の113.59円となっている。

この日発表の米経済指標は、8月の個人消費支出が前月比0.3%増となったほか、9月の米ミシガン大消費者信頼感指数(確報値)が100.1と今年3月以来の高水準となり、米経済が安定的な成長軌道に乗っていることが示された。ユーロ/ドルEUR=は一時、2週間ぶりに1.16ドルを下回った。終盤の取引で0.2%安の1.1613ドルとなっている。

<債券> 国債利回りが低下した。国債発行の拡大や堅調な経済指標を受け、債券相場は月間で1月以来の大幅安を記録した。ブルームバーグとバークレイズがまとめた指数.BCUSATSYによると、9月の国債相場は前日までに0.95%近く下落し、月間で1月以来の大幅安となった。

財政赤字拡大に対応するため今週は国債発行が相次ぎ、投資妙味が薄れた可能性もある。財務省は計1070億ドルの2・5・7年債入札を行ったが、需要は軟調だった。月末を控え、投資家がより長期の債券を買ってポートフォリオを再均衡化し、この日は国債利回りが低下した。

アナリストらによると、イタリアの財政不安も安全資産とされるドイツ国債や米国債の追い風になったという。イタリアが示した2019年度予算案で、赤字が前政権目標水準の3倍に拡大し、欧州委員会との対立観測が浮上、イタリア国債が売られた。

<株式> インテル(INTC.O)のほか、不動産や公益株が上昇したものの、新たなセキュリティー問題が嫌気され、フェイスブック(FB.O)が売られた。週足では、S&P総合500種.SPXが0.5%下落。ただ、第3・四半期としては7.2%上昇し、2013年第4・四半期以来の好成績となった。

フェイスブックは2.59%安。セキュリティー上の欠陥が見つかり、最大5000万件のアカウントに影響が出たと公表したことが嫌気された。インテルは3.08%高。通年売上高目標達成に楽観的な見方を示したことが材料視された。

テスラ(TSLA.O)は13.9%下落し、2013年11月以来の大幅安となった。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、証券詐欺罪で同氏を提訴した米証券取引委員会(SEC)との和解を土壇場で拒否した。

イタリア政府が示した2019年予算で、財政赤字が従来目標よりも大幅に拡大する見通しとなったことは、欧州株の売りを誘い、投資家が投資先として米国に目を向ける展開となった。

<金先物> 安値拾いの買いなどが入り、3日ぶりに反発した。中心限月12月物の清算値は前日比8.80ドル(0.74%)高の1オンス=1196.20ドル。

前日に約1カ月半ぶりの安値を付けていた反動から、安値拾いの買いやショートカバーが入った。また、この日は週末・月末・四半期末が重なり、持ち高調整の買いも入りやすかった。このほか、外国為替市場では朝方からドルが対ユーロで弱含み、ドル建てで取引される金塊などの商品に割安感が生じたことから、金が買われた。

26日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後に公表された声明と経済・金利見通しで、米経済の力強さへの自信と緩やかな利上げペースの継続方針が示されていたことから、金利を生まない資産である金には引き続き若干の重しとなった。

<米原油先物> 世界的な供給逼迫(ひっぱく)懸念などを背景に買われ、続伸した。米国産標準油種WTI11月物の清算値は前日比1.13ドル(1.57%)高の1バレル=73.25ドルと、中心限月ベースで7月10日以来約2カ月半ぶりの高値を再び更新した。

外国為替市場でドル高・ユーロ安が進行したことに伴う割高感が上値を抑える中、朝方の原油相場は前日清算値付近でもみ合いとなっていた。ただ、昼前から週末、月末、四半期末に際して持ち高調整の買いが入り、プラス圏に浮上した。また、世界的な供給逼迫懸念が広がっていることも相場の押し上げ材料となり、その後上げ幅を拡大した。

ロイターが関係筋の話として伝えたところによると、米国による対イラン制裁の再発動を11月初旬に控えて、中国国有石油大手の中国石油化工(シノペック)が9月のイランからの原油輸入を半減させた。また、石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟国が23日の会合で増産を見送ったことも引き続き原油買いを後押しした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below