January 3, 2019 / 11:02 PM / 20 days ago

NY市場サマリー(3日)

[3日 ロイター] -

<為替> 円がドルとユーロに対して上昇した。米アップル(AAPL.O)の第1・四半期売上高見通し下方修正を受け、中国・世界景気減速懸念が広がり、安全資産とされる円が買われた。

ドルが対円でJPY=1.18%安の107.59円、ユーロは円EURJPY=に対し0.73%値下がりした。

早い時間帯に円は対ドルで一時4.4%急伸した。アップルの見通し下方修正を受けて自動注文が相次ぎ、薄商いのアジア市場で大きな値動きがみられた。

ジェフリーズの世界外為部門責任者は「ニューヨーク市場の引けとアジア市場が寄り付く間はかなり薄商いとなっており、日本の休日やアップルのニュースとあいまって株式相場に影響し、円急伸という分かりやすい構図となった」と話す。

金融・債券市場では、2年債利回りが実効フェデラル・ファンド(FF)金利の2.4%を下回った。同利回りが実効FF金利を下回るのは2008年以降で初めて。連邦準備理事会(FRB)が想定通り利上げを継続することは困難との市場の見方を反映したものとみられる [nL3N1Z3414]。これらもドルをさらに圧迫した。

英ポンドGBP=は対ドルで0.18%高。世界・中国景気を巡る懸念から、よりリスクが高いとされる通貨を避ける動きがみられた。

カナダドルCAD=は対ドルで約2週間ぶり高値を付けた。原油高やドル安が背景。

<債券> 2年債US2YT=RR利回りが実効フェデラル・ファンド(FF)金利USONFFE0D=RRの2.4%を下回った。同利回りが実効FF金利を下回るのは2008年以降で初めて。連邦準備理事会(FRB)が想定通り利上げを継続することは困難との市場の見方を反映したものとみられる。

BMOキャピタルマーケッツの米金利ストラテジスト、イアン・リンゲン氏は「市場はFRBが今後2年間で利上げの打ち止めどころか、緩和に向かうと予想している」と述べた。

経済指標では昨年12月のISM製造業景気指数が54.1と前月の59.3から急低下。低下幅は2008年10月以降で最大となった。指標を受け国債利回りは低下した。[nL3N1Z33ID]

前日夜にはアップル(AAPL.O)が年末商戦を含む第1・四半期(12月29日まで)の売上高見通しを下方修正。中国でのiPhone販売の減速が理由だと説明した。この「アップルショック」で市場に動揺が広がり、リスク回避ムードが一気に高まった。債券市場では国債利回りが低下したほか、為替市場では円への逃避買いが進み、円JPY=はアジア時間序盤に一時1ドル=104.96円と、昨年3月以来の円高水準を付けた。[nL3N1Z313A][nL3N1Z31E3]

2年債US2YT=RR利回りは一時5月30日以来の低水準を付け、その後は12ベーシスポイント(bp)下がって2.38%。

指標10年債US10YT=RR利回りは一時2.55%と昨年の高水準から50%強のリトレースメント水準を付けた。利回りは11.5bp低下、昨年1月以降で初めて2.6%を下回った。

<株式> 急反落して取引を終えた。アップルの業績見通し下方修正や米製造業部門の減速を示す指標を受け、世界経済を巡る懸念が強まった。

アップル(AAPL.O)が10─12月期の売上高見通しを下方修正したことを受け、テクノロジーセクターをはじめ市場に動揺が広がり、主要株価3指数がいずれも2%超下落、ナスダックは3%安となった。

アップルのクック最高経営責任者(CEO)は投資家への書簡で、中国の景気減速の大きさを予測できていなかったと明かした。アップルは10.0%安。[nL3N1Z313A]

S&P情報技術指数.SPLRCTは5.1%安で、2011年8月以来の大幅な下落率となった。フィラデルフィア半導体指数.SOXは5.9%安。

米供給管理協会(ISM)が発表した昨年12月の製造業景気指数USPMI=ECIが2016年11月以来の低水準となり、1カ月の低下幅として2008年10月以来の大きさを記録したことも相場の重しとなった。[nL3N1Z33ID]

また、主要自動車メーカー各社が公表した12月の米自動車販売台数はフォード・モーター(F.N)が8.8%減、ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)が2.7%減となるなど軟調で、株価はそれぞれ1.5%安と4.1%安となった。[nL3N1Z33R2]

S&P500の主要11セクターのうち不動産.SPLRCRと公益事業.SPLRCUを除く全業種がマイナス圏で引けた。

ダウは通商問題に敏感なキャタピラー(CAT.N)やスリーエム(3M)(MMM.N)、ボーイング(BA.N)の下げにも圧迫された。

個別銘柄ではブリストル・マイヤーズ・スクイブ(BMY.N)が13.3%急落。同社は同業のセルジーン(CELG.O)を約740億ドルで買収すると発表した。セルジーンは20.7%急伸した。[nL3N1Z32VJ]

このほかデルタ航空(DAL.N)が第4・四半期の1座席マイル当たり旅客収入(ユニットレベニュー)の見通しを引き下げたことを受けて航空株が売られ、S&P1500航空指数.SPCOMAIRは5.9%安となった。[nL3N1Z33I4]

<金先物> 世界的な株安を背景に安全資産としての需要が高まり、続伸した。2月物の清算値は前日比10.70ドル(0.83%)高の1オンス=1294.80ドルと、前日に引き続き中心限月ベースで2018年6月中旬以来約6カ月半ぶりの高値を付けた。

米アップルは前日、中国での販売が振るわなかったことを理由に今月29日に発表する2018年10─12月期決算の売上高見通しを下方修正した。米中間の貿易摩擦の影響や世界経済減速への懸念が強まったことから、世界の主要株価がほぼ全面安となる中、安全資産とされる金は買いが優勢となった。

これに加え、米サプライ管理協会(ISM)が午前に発表した昨年12月の米製造業景況指数が54.1と、11月の59.3から低下し、市場予想(ロイター通信調べ)の57.9を下回ったことも支援材料となった。また、ドルが対ユーロで下落したことに伴う割安感も相場を押し上げ、金相場はその後もじりじりと上げ幅を拡大した。

<米原油先物> 主要産油国による協調減産への期待を背景に買いが入り、4営業日続伸した。米国産標準油種WTIの中心限月2月物の清算値は前日比0.55ドル(1.18%)高の1バレル=47.09ドルだった。3月物は0.54ドル高の47.40ドルとなった。

石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟国が今月から日量120万バレルの協調減産を実施。また、ロイター通信は、サウジアラビアなどOPEC加盟国の供給量が2018年12月、大きく減少したと報道。需給不均衡に対する過度の懸念が後退し、原油が買われた。

ただ、米アップルが2日、18年10─12月期の売上高見通しを下方修正したほか、米サプライ管理協会(ISM)が発表した18年12月の米製造業景況指数も市場予想を下回った。これを受けて、米中貿易摩擦による米企業業績や世界景気への悪影響に対する懸念から米株価が大幅安。投資家のリスク回避姿勢が強まる中、株と並んでリスク資産とされる原油にも売りが出たため、上値は重かった。

ドル/円 NY終値 107.65/107.68 JPY22H=

始値 107.53 JPY=

高値 108.30

安値 107.12

ユーロ/ドル NY終値 1.1392/1.1396 EUR22H=

始値 1.1339 EUR=

高値 1.1411

安値 1.1338

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 109*12.00 2.9033% US30YT=RR

前営業日終値 107*23.50 2.9820%

10年債(指標銘柄) 17時05分 104*31.00 2.5517% US10YT=RR

前営業日終値 104*00.00 2.6610%

5年債(指標銘柄) 17時05分 101*08.50 2.3546% US5YT=RR

前営業日終値 100*18.25 2.5030%

2年債(指標銘柄) 17時05分 100*07.50 2.3786% US2YT=RR

前営業日終値 99*31.75 2.5040%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 22686.22 -660.02 -2.83 .DJI

前営業日終値 23346.24

ナスダック総合 6463.50 -202.43 -3.04 .IXIC

前営業日終値 6665.94

S&P総合500種 2447.89 -62.14 -2.48 .SPX

前営業日終値 2510.03

COMEX金 2月限 1294.8 +10.7 GCv1<0#GC:>

前営業日終値 1284.1

COMEX銀 3月限 1579.7 +14.8 SIv1<0#SI:>

前営業日終値 1564.9

北海ブレント 3月限 55.95 +1.04 LCOc1<0#LCO:>

前営業日終値 54.91

米WTI先物 2月限 47.09 +0.55 CLc1<0#CL:>

前営業日終値 46.54

CRB商品指数 171.5521 +1.1626 .TRCCRB

前営業日終値 170.3895

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below