March 29, 2019 / 9:58 PM / 21 days ago

NY市場サマリー(29日)

[29日 ロイター] - <為替> 英議会で欧州連合(EU)離脱協定案の主要部分が否決されたことを受け英ポンドが下落した。

メイ英首相のEU離脱協定案が議会で否決されるのはこれで3回目。離脱条件などで合意できないまま4月12日に英国がEUから離脱する懸念が高まる中、ポンドは今後も圧力にさらされるとみられている。

ただこの日のポンドの動きは、過去2回の議会否決時と比べるとそれほど大きくなかった。

市場関係者は、EU離脱を巡る混迷が深まる中、ポンドの取引が手控えられていると指摘。BMOキャピタルマーケッツのグローバル外為戦略部門責任者、グレッグ・アンダーソン氏は、ポンドが昨年12月に付けた安値を大きく上回っていることについて、「市場では離脱の長期延期が織り込まれ始めている」ことが一部要因になっているとしている。

ポンドは対ドルGBP=で一時0.5%安の1.2976ドルを付け、200日移動平均の1.2979ドルを下回った。ただ、その後は下げ幅を縮小した。

ポンドの動きを反映し、主要6通貨に対するドル指数.DXYは0.07%高の97.274となっている。

朝方発表された米経済指標では、1月の個人消費支出が前月比0.1%増と、市場予想の0.3%増を下回ったほか、個人消費支出(PCE)価格指数は前月比0.1%低下と、前月の0.1%上昇からマイナスに転じた。

BMOキャピタルマーケッツのアンダーソン氏は「軟調な結果となり、連邦準備理事会(FRB)が利上げを実施する理由はないことが示された」としている。

ユーロ/ドルEUR=は小幅安の1.122ドル。月初からは1.43%の下落で、月間の下落としては昨年10月以来の大きさとなった。成長鈍化懸念と欧州中央銀行(ECB)が示している慎重な姿勢がユーロの重しになっている。

<債券> 国債利回りが上昇。米中通商協議への期待や期末要因からリスク選好が改善する中、株高・債券安の展開となった。

FTNフィナンシャル(テネシー州)の金利ストラテジスト、ジム・ボーゲル氏は「期末を迎え株式に一定の買いが入る中、国債への買いは後退した」と述べた。

10年債US10YT=RRは5/32安。利回りは2.405%。米連邦準備理事会(FRB)がハト派に急転換した前週以降、利回りは低下傾向にある。

3カ月物TビルUS3MT=RRと10年債の利回り差はこれまでのマイナスから小幅なプラスに転じた。

CMEグループのFEDウオッチによると、金利先物が織り込む年内の利下げ確率は67%となっている。

当局者発言では、米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長が、FRBは「直ちに」50ベーシスポイント(bp)の利下げを行うことが望ましいとの認識を示した。ニュースサイトのアクシオスが報じた。

ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁は、このところの米経済の弱さが一時的なものなのか、それとも将来的な悪化の兆しなのかが明確になるまで、FRBは市場の圧力に屈して「時期尚早な」利下げに踏み切るようなことがあってはならないという考えを示した。

クオールズFRB副議長は、米経済に対する強気の見方を示し、生産性や投資に関する前向きな傾向が続けば、追加利上げが必要になるかもしれないと述べた。

英議会はこの日、欧州連合(EU)離脱協定案の主要部分を巡る採決を行い、賛成286票、反対344票の反対多数で否決した。結果を受け、欧州委員会は4月12日に合意なき離脱に突入する公算が大きくなったとの認識を示した。これを受け米国債価格はやや下げ渋った。

<株式> 主要株価指数が上昇。米中通商協議に対する楽観的な見方が追い風となった。

米中両国はこの日、北京で行った通商協議で進展が見られたと表明。米政府は「建設的」だったとの認識を示した。

スパルタン・キャピタル証券(ニューヨーク)の首席市場エコノミスト、ピーター・カーディロ氏は「貿易摩擦の終わりがかなり近付いているとの見通しが投資家の信頼を後押ししている。今四半期は非常に良い上昇率で締めくくった」と述べた。

S&P500は今四半期に13.1%高。上昇率は2009年第3・四半期以来の大きさ。第1・四半期の上昇率としては1998年以来となった。

ダウは11.2%高と13年以来、ナスダックは16.5%高と12年以来の大きさだった。

この日は通商協議に左右されやすいS&P工業.SPLRCTが1%高。フィラデルフィア半導体.SOXも1.6%高だった。S&P情報技術.SPLRCTも1%高。

ナスダック市場に新規上場した米配車サービス大手リフト(LYFT.O)は公開価格比20%を超える初値を付けた。終値は8.7%高。

同日発表された米個人消費の伸びは市場予想を下回り、所得も緩慢な伸びとなった。経済モメンタムの鈍化が示唆されたが、米長短金利の逆転は解消された。

米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長は29日、CNBCテレビに対し、連邦準備理事会(FRB)が直ちに0.5%の利下げを行うことが望ましいと一部メディアに語ったことを認めた上で、FRBは最近の利上げの一部を巻き戻し、バランスシートの縮小を停止することが望ましいとの考えを示した。

ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.73対1の比率で上回った。ナスダックでも1.40対1で値上がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は74億1000万株。直近20営業日の平均は75億2000万株。

<金先物> 安値拾いの買いなどに支えられ、小反発した。中心限月6月物の清算値は前日比3.20ドル(0.25%)高の1オンス=1298.50ドル。

前日の下落の反動からこの日は安値拾いの買いが入った。また、米商務省が朝方発表した1月の個人消費支出(PCE)物価指数が前年同月比1.4%上昇と、前月(1.8%上昇)から急減速。中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)の物価安定目標の2%に届かず、利上げのハードルが高いことが示されたたため、一時対ユーロでドル安が進行、ドル建てで取引される金塊には割安感から買いが入った面もあった。

ただ、その後に英議会下院が欧州連合(EU)離脱案の3度目の採決を行ったが、今回も政府の離脱案が否決された。これを受け、ドルが対ユーロで買い戻されたため、金相場は上値を削る展開となった。

<米原油先物> イラン産原油の供給逼迫(ひっぱく)観測に加え、米国の増産懸念が和らいだことから買われ、3日ぶりに反発した。米国産標準油種WTIの中心限月5月物は、前日比0.84ドル(1.42%)高の1バレル=60.14ドルと、清算値ベースで昨年11月9日以来約4カ月半ぶりの高値を付けた。6月物は0.80ドル高の60.28ドルだった。

トランプ米政権がイラン産原油禁輸の制裁強化に一段と本腰を入れる可能性があるとの一部報道などを受け、イラン産原油の供給が一段と逼迫するのではないかとの観測が強まり、原油相場は未明から上げ幅を拡大。また、米エネルギー情報局(EIA)がこの日発表した月報では、1月の米原油生産量が日量約1187万バレルと、前月の水準を下回っていたことが明らかになった。さらに、米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが午後に発表した最新週の国内石油掘削リグ稼働数も前週から減少、約1年ぶりの低水準となった。これを受けて、米国内の供給過剰懸念が和らいだことも相場の押し上げ材料となり、相場は一時60.73ドルまで上昇した。

ただ、外国為替市場ではドル高・ユーロ安基調が続いていることから、ドル建てで取引される原油相場の重しとなった。また、世界的な景気減速懸念が根強く、エネルギー需要の先行き不透明感がくすぶっていることも、相場の上値を抑える要因となった。

ドル/円 NY終値 110.84/110.87 JPY21H=

始値 110.77 JPY=

高値 110.94

安値 110.64

ユーロ/ドル NY終値 1.1217/1.1219 EUR21H=

始値 1.1222 EUR=

高値 1.1247

安値 1.1214

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 103*22.00 2.8165% US30YT=RR

前営業日終値 103*26.00 2.8100%

10年債(指標銘柄) 17時01分 101*29.00 2.4068% US10YT=RR

前営業日終値 102*02.00 2.3890%

5年債(指標銘柄) 17時05分 99*15.25 2.2363% US5YT=RR

前営業日終値 99*20.25 2.2030%

2年債(指標銘柄) 17時05分 99*31.00 2.2660% US2YT=RR

前営業日終値 100*01.25 2.2300%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 25928.68 +211.22 +0.82 .DJI

前営業日終値 25717.46

ナスダック総合 7729.32 +60.16 +0.78 .IXIC

前営業日終値 7669.17

S&P総合500種 2834.40 +18.96 +0.67 .SPX

前営業日終値 2815.44

COMEX金 4月限 1293.0 +3.2 GCv1<0#GC:>

前営業日終値 1289.8

COMEX銀 5月限 1511.0 +13.7 SIv1<0#SI:>

前営業日終値 1497.3

北海ブレント 5月限 68.39 +0.57 LCOc1<0#LCO:>

前営業日終値 67.82

米WTI先物 5月限 60.14 +0.84 CLc1<0#CL:>

前営業日終値 59.30

CRB商品指数 183.7511 +0.4242 .TRCCRB

前営業日終値 183.3269

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below