April 10, 2019 / 10:19 PM / 2 months ago

NY市場サマリー(10日)

[10日 ロイター] - <為替> ドルやユーロがほぼ変わらず。米欧中銀はこの日ともに金利据え置きを継続する姿勢を示した。こうした中、物価統計の上振れを受けノルウェークローネの値上がりが目立った。

欧州中央銀行(ECB)は理事会で予想通り主要政策金利を据え置き、金利ガイダンスも維持した。ドラギ総裁は理事会後の会見で「政策手段はいくらでもある」と述べ、域内経済の減速が継続した場合でも追加策を講じることは可能との認識を示した。

米連邦準備理事会(FRB)が公表した3月19─20日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、メンバーらが金利政策の変更に忍耐強く臨むことで一致する中、バランスシートの縮小方法や縮小終了後の管理方法を討議していたことが分かった。

インサイト・インベストメント(ニューヨーク)のクリフ・コルソ執行会長はFOMC議事要旨の内容について「FRBの忍耐強い道筋を表すもの」と指摘。ECBについては「域内経済がかなり減速していることから金利の据え置きは長期間に及ぶ見通し」とした。

<債券> 国債利回りが低下した。この日発表された3月の米消費者物価指数(CPI)で、コアCPIが控えめな内容となり、米連邦準備理事会(FRB)が金利を据え置くか、年末までに利下げに踏み切るとの見方が強まった。

BMOキャピタル・マーケッツの米金利戦略部長、イアン・リンゲン氏は「インフレがアンダーパフォームするトレンドは続き、FRBにとって問題となる可能性がある」と指摘した。

キャピタル・エコノミクスの米国エコノミスト、アンドリュー・ハンター氏は「弱い成長を受けてFRBが2020年中盤までに75ベーシスポイント(bp)利下げするとこれまでも予想している」と述べた。

ドラギ総裁がECB理事会後の会見で、ユーロ圏経済が下向きに傾いており、インフレが今後数カ月で低下する見込みだと述べたことも、米債利回りの重しとなった。

<株式> ハイテク株がけん引して主要株価指数は小幅に上昇して取引を終えた。インフレ圧力の落ち着きに加え、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨に意外感はなく、市場の反応は乏しかった。

工業株が軟調となるなか、ダウは辛うじてプラス圏で引けた。

3月のFOMC議事要旨は金利政策の変更に忍耐強く臨む姿勢を再確認する内容で、主要株価3指数の反応は比較的乏しかった。

S&P500の主要11セクターのうち8セクターがプラス圏で終了。工業指数.SPLRCIは1.1%下落したボーイング(BA.N)などが重しとなった。

テスラ(TSLA.O)は1.4%高。米議会の超党派グループが電気自動車の税額控除拡充法案を提出したことを好感した。

<金先物> 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の公表を控えて様子見ムードが広がる中、小幅高となった。

ドラギECB総裁は記者会見で金融機関の経営を圧迫するマイナス金利政策について、市中銀行の負担軽減策の要否をめぐり今後検討する考えを表明した。これを受けて、外国為替市場では朝方にいったんドル高・ユーロ安が進行。ドル建てで取引される金相場は割高感からマイナス圏に下押しされた。

しかし、その後は対ユーロで買い進められたドルが売り戻され、割高感が後退したことから、金相場は小幅プラス圏に回復した。

<米原油先物> 米エネルギー情報局(EIA)の週間石油在庫統計でガソリン在庫の大幅な取り崩しが明らかになったことなどを受け、反発した。

また、石油輸出国機構(OPEC)がこの日発表した月報で、米国による制裁を受けているベネズエラの3月産油量が日量100万バレルを下回ったことが判明したことも支援材料だった。このほか、OPEC主導による協調減産効果への期待に加え、リビアでの内戦危機やアルジェリアでの内政混乱なども引き続き原油相場を押し上げる要因となった。

ドル/円 NY終値 111.00/111.03 JPY21H=

始値 111.21 JPY=

高値 111.27

安値 110.85

ユーロ/ドル NY終値 1.1273/1.1274 EUR21H=

始値 1.1272 EUR=

高値 1.1286

安値 1.1230

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 102*05.00 2.8915% US30YT=RR

前営業日終値 101*25.50 2.9090%

10年債(指標銘柄) 17時05分 101*12.50 2.4649% US10YT=RR

前営業日終値 101*03.00 2.4990%

5年債(指標銘柄) 17時05分 99*10.25 2.2703% US5YT=RR

前営業日終値 99*05.25 2.3040%

2年債(指標銘柄) 17時05分 99*27.63 2.3212% US2YT=RR

前営業日終値 99*26.25 2.3440%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 26157.16 +6.58 +0.03 .DJI

前営業日終値 26150.58

ナスダック総合 7964.24 +54.97 +0.69 .IXIC

前営業日終値 7909.28

S&P総合500種 2888.21 +10.01 +0.35 .SPX

前営業日終値 2878.20

COMEX金 6月限 1313.9 +5.6 GCv1<0#GC:>

前営業日終値 1308.3

COMEX銀 5月限 1524.4 +3.3 SIv1<0#SI:>

前営業日終値 1521.1

北海ブレント 6月限 71.73 +1.12 LCOc1<0#LCO:>

前営業日終値 70.61

米WTI先物 5月限 64.61 +0.63 CLc1<0#CL:>

前営業日終値 63.98

CRB商品指数 189.6645 +1.1009 .TRCCRB

前営業日終値 188.5636

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below